« いちごのブログ/筋肉のアプリのこと | トップページ | 近々また仙台へ股関節症の知人と »

2017年7月 9日 (日)

筋肉と関節の入門書

前回、お見舞いに行った時に差し上げた本について書きましたところ「本のタイトルは?」という、お問い合わせをいただきました。図解入門よくわかる筋肉と関節の動き/です。アマゾンで見たら今は中古しか無さそう。アマゾンをリンクすると本名が出てしまうので楽天ブックスをリンクしておきますね。こちらは本の下にあるプレビューという小さなアイコンをクリックすると<立ち読み>みたいになって目次といくつかのページの断片が見られます。(この本の股関節シリーズもあって、股関節症の先輩のさくらさんはそちらを持っていてとてもわかりやすいとの感想。)

見開きの2ページで一つのテーマを紹介していて、ざっくりした解説。筋肉の部位もおおざっぱなイラストで、本来、起始部、付着点について書いてないと、どこを動かしているのかわからなそうな気がしますが、そこまでは書いてありません。試しに巻末の索引で<腹横筋>で調べようとしたらありませんでした。筋肉そのもの位置とか動きを学びたいのでしたら、先日も書いたスマホアプリのようなものの方が現代では良さそうに思います。ちなみに私が入れているのは<ビジブルボデイ筋肉プレミアム>というのです。コチラ

私は最初タッチフォーヘルスの解説本で筋肉の起始部、付着点を学びました。股関節症と診断されたばかりのころ、痛みがなんとかラクになる方法はないものかと模索していた頃に出会った本で、経絡もからんでくるようなちょっと不思議な療法。私はその療法はともかく、筋肉の部位についてはコレで学んだのでした。巻末にある<痛みの解放>について書いてあるところは、当時、おおいに参考になって励まされたものでした。タッチフォーヘルスは私が股関節症になったころにはネット上でよく目にしたけれど、最近どうなのでしょう? 

先日お見舞いに一緒に行った(股関節症の)妹と帰りに寄ったメキシコ料理の店のカンクーンビーチというカクテルが綺麗だったので思い出に写真を載せておきます。こういうときの写真をi-phoneで撮るにはスマホを逆さまに(シャッターは上にレンズは下)撮ると綺麗にとれるのだそうです。逆さにとっても撮った写真は正しい向きになっているのが不思議。(私が撮った写真にはお料理の向こうに妹も写っていたので、妹が撮って送ってくださった写真を借用させていただきます。撮り方を教えてくださっただけあって構図も私より良いです〜。)

Img_5551


|

« いちごのブログ/筋肉のアプリのこと | トップページ | 近々また仙台へ股関節症の知人と »