« 胸郭の動きについて | トップページ | モバイル充電器 »

2017年8月 6日 (日)

歩行の三つのポイント ほか

せっかく書いたブログが消えてしまうという初歩的なミスを久々にいたしました。保存しないで他のサイトに飛んでしまったんです。書いた内容としては、このブログの右側にリンクしている先を少し整理しようかと思ったこと。アップルサイダーさんの人工関節置換手術の体験記も、時間を経てしまいました、探せば最新の情報について書いているサイトも沢山あるのでしょうし、「そろそろ外す時期かしら。」と思って久しぶりに読みに行ってびっくり。昨年の9月に5年ぶりに更新されたブログが一つあって、2014年に離婚なさったことなどが障害者用自転車の紹介とともに載っていました。

ブログは日々更新されてしまうので、手術の体験記などもどんどん過去のものになってしまいます、アップルサイダーさんのように体験記がまとまって読めるのは貴重と思うのでまだ当分そのままにしておこうと思い直しました。アップルサイダーさんもきららのケイコさんも、元はといえば銀座の松本先生のブログで知り合いました。当時<ル サロン銀座>と言っていましたが、まさに股関節症患者のサロンのようだったと思います。今、私自身は富士温泉病院に本拠地が移ってしまいましたが、松本先生の深圧と富士温泉病院の組み合わせの人が多いので、お話はいつもうかがっているので心情的には繋がっているような気がしております。

前のブログに胸郭の動きについて書きました。考えてみたら10年も前に<伊藤式胴体トレー二ング/胴体力>ということで上半身を丸めたりのばしたり捻ったりみたいなことはしていたのでした。でも当時はその上半身の動きって背骨を曲げたり伸ばしたりしているつもりになっていたみたいです。その本を読み直してみたら、左右に倒す運動でもちゃんと肋骨は開くような動きになっています。ペルビックチルトのようなうごきも骨盤だけ動かすのではもったいない、みぞおちをひきこむようにして、背中も丸めていこうと意識を変えました。

園部先生のコンデイショニングラボに行って歩容をみていただきたい気もするのですが、自分なりに動画を見ての歩行分析ができそうな気がして、「しばらく自分なりに工夫して試行錯誤してみよう。」と思っています。ちょうど春にセコムのカメラが玄関先につきました。夜に人影があるとパッと電気がつく例の防犯カメラです。それに郵便受けに新聞を取りに行ったり、出先から帰ってくる自分の姿が自動的に記録されています。ちょうど良い参考動画になりそう。園部先生が強調される歩行のポイントは三つですものね。<棒の理論/関節モーメントの入れ替え/倒立振子の理論>

ちょっと専門的になりますが、惜しげなく公開してくださっている動画を載せておきます。三つのポイントは7分目ぐらいから紹介されています。倒立振子だけの動画もありますので、関心のある方はそちらもご覧になってみてください。

|

« 胸郭の動きについて | トップページ | モバイル充電器 »