« 徹子さんの舞台/コラーゲンサプリメント | トップページ | 温泉病院のリハビリってすごい »

2017年10月 7日 (土)

心の状態、体調と痛み

<風邪がすっきり治った>という感じではなくて、グズグズしています。黒柳さんの芝居を見てきた後も都心にでかけたせいかグッタリしてしまい、「以前の私はこうではなかったはず。」と思ったりしています。しばらく体調悪かったら以前の状態を忘れてしまったようなことでもあります。先日、月に一度のフルートレッスンに「風邪でしばらく練習していなくて。」と言い訳しながら出向いたときに、先生と後から来られた生徒の(以前からの)友人が言うには「完璧主義なんじゃない?10点満点で0や1でなければ、2点以上なら元気のうち。」と言われました。その日の私の体調は3か4だったのですが「それなら問題なく元気!」と言われてきました。

確かに雲ひとつない青空のような日ばかりを<晴れ>と思うようではなくてポッカリ雲が浮かんでいても<晴れ>なわけですし、運動会などでしたら雨さえ降らなければできるわけなので、体調もそんな風に「雨じゃなくて曇りならヨシ」という感じかしら?と思ったことです。

週の始めから左耳の状態が悪くて、主人が突発性難聴でお世話になった北浦和の耳鼻科に行ってきました。耳鼻咽喉科でマスクしている患者さんが多くて「風邪かしら?喉が痛くて来る人もいるわけですものね。」と思いました。いつも大きなバッグ持ち歩いているので、帰宅してからそういう状況に備えてマスクも常備して入れておくことにしました。診察の結果は<低音障害型感音難聴>というので、耳管が閉塞しているということで、空気を通すようなことを何度もしました。耳鼻科にかかるのがそもそも40年ぶりぐらい。当時の耳鳴りも(認知症の始まっていた)祖母との同居のストレスと言われたことを思い出します。きょうは水を含んだのを合図とともに飲み込むとか、いろいろしているうちになんだかよくわからなくなってきちゃって。通りがすっかり良くなったわけではないけれど、「少し空気が通るようになった」とかで帰宅。耳がちょっとラクになったかな?ぐらいの感じです。

昨日から久しぶりに股関節に痛みも出ています。パンプス以来の痛みですが、振り返ってみると、私が痛みを出したのは、愛犬アルフィが亡くなった後と、東日本大震災の後。矢野先生からいずれも「股関節の状態が悪化したわけではない。ストレス。」と言われたことを思い出します。ストレスが全く無い人はいないと思うので、上手に発散させるようなことが大事なのでしょうね。振り返ってみると、ここ二ヶ月、乗馬もいけないでおります。雨が続いて馬場の状態が悪いとかでダメだったり、その後、足の付け根のニキビのようなものを切開したり、その後には風邪をひいてしまいましたから。ストレス解消させるゆったりしたお風呂もそういえば入れなかったと思います。私にはゆったりお風呂タイムは大事なのに。

私なりの痛み解消④
これも繰り返し書いていることですが、長いお風呂。痛みが強かったころには朝と晩の二度はいっていました。入浴剤もいろいろ変えていましたが(オンセンスだったりアロマの塩だったり、ツムラの入浴剤だったり。)今は死海の塩におちついています。時に日本酒を加えています。今も痛みがでて「どうしよう?」と思うようなときは長めのお風呂にはいるようにしています。たまたま温泉病院に行ったときの宿で見たテレビでお風呂の中で手足を動かすと温泉とおなじぐらい血流が良くなる効果大というので、お風呂の中で足指のグーパーなどしている私は気をよくしたものです。

痛かったころには膝を抱えて8の字を描くような動きをお風呂で欠かさずしていました。ゆうき指圧整体ってそういえば最近はどうかしら?とホームページ見たら、東京出張があって初診料は3万円もしているのですね。関西まで行く時間と交通費を考えれば、こちらで受けられるのだからということなのでしょうね。お高いのにすぐ予約でうまるようです。私がしているのとちょっと違いますが、動画がありましたのでご紹介しておきますね。後半は大谷内先生の著書の紹介になっています。

お金もかからないことなので、これも(長めのお風呂と膝の8の字)試される価値はあるかもしれません。私はゆうき整体の通信指導のようなことで私用の体操を冊子とDVDでいただいていた中からお風呂でできそうな体操をいくつかしていたようなことでした。

|

« 徹子さんの舞台/コラーゲンサプリメント | トップページ | 温泉病院のリハビリってすごい »