« ジグリング de ♬ 変形性股関節症 のサイトのご紹介 | トップページ | 馬カフェ »

2017年10月17日 (火)

po-chanさんにお会いしてきました/質の良い睡眠

前のブログで<ジグリング ♬de 股関節症>のサイトをご紹介いたしました。そのブログを書かれているpo-chanさんときょうお会いすることができました。たまたま午後のフルートの生徒さんのドタキャンが入り、ポッカリ1日空いたので昨夜のうちに「ダメもとでお尋ねしますが、明日お会いできるでしょうか?」とお声かけしました。あまりに急で呆れられてしまうかと思ったのですがご快諾下さって、お互いの家の中間地点の駅で待ち合わせ。

さかのぼってpo-chanさんのブログを全部読む時間もないですし「お会いしたときにいろいろ聞かせてください。」ということにしてありましたが、あまりに知らないのもどんなものかと、po-chanさんをご紹介くださった仙台のKさんに教えていただこうと電話。Kさんは「po-chanさんからいつか3人で会いましょうね。」というメールをいただいたばかり。もうきょう会っちゃうんですか〜?」と驚かれました。「飛んで行きたいです。残念です。」というショートメールも届きました。こういう<出会い>のようなことは<流れ>のようなものがあるので、また時期がくれば3人でお会い出来ることもあるのだと思います。

po-chanさんは、股関節症とは思えないぐらい綺麗に歩かれています。酷かった時期があったとは俄かには信じられないぐらい。活元というのをなさっているとブログに書かれていましたように明るい波動の方で、「やっぱりセルフケアが大事」というような股関節症への向き合い方が同じ<同志>という気がして、心強かったです。いろいろな情報交換ができて、私の知らないようなこともたくさんご存知で教えていただき有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

股関節症に向き合うのに大事と思っていることの続きを書きます。

⑤質の良い睡眠
これは私が痛みが解消した過程でというより、今、心がけていることです。先日久しぶりに会った友達から「ここのところ具合が悪くて目眩したり‥」と開口一番言われてしまいました。私も風邪やら耳やら具合が悪かったわけですが先を越されて言われちゃった感じ。その彼女は寝てから真っ暗闇の中、スマホを見ているというので「それは絶対やめた方が良い。」と忠告。ブルーライトカットの睡眠への悪影響も知らなかったそうです。その後、寝る前数時間のスマホをやめてブルーライトカットのフィルムを買って目眩は解消したとのこと。

私はブルーライトカットのメガネもかけているのですが、その上にパソコンに友人に教えていただいたf.luxtというのを入れてあって、夜はパソコンの画面が暖色系になります。それが先日、そのアプリが入っていない主人のウィンドウズのパソコンで作業しなければならないことが続いたら寝つきが悪くなった上に酷い夢を見てしまいました。目が覚めて「ああ、夢でよかった!」と思ったのだけれど、寝ながらハラハラしていたのでは休まりません。主人には「寝る前のパソコンでの作業がよくなかったんじゃない?」と言われました。

今は9時半にはパソコンを閉じるようにしています。私が股関節症と診断されたばかりの頃、ネットで股関節の情報を発信しているのは松本先生ぐらいでした。今は松本深圧院の先生方のブログだけでもたくさんあるようなことですし、you-tubeではいろいろな体操の動画が公開されていますし、見始めると次々ネットサーフィンしてしまうことになります。皆様は何時間パソコンやスマホの画面を見ているでしょうか?寝る何時間前までご覧になっているでしょうか?

早寝早起きをしようといろいろ工夫しながら何度も挫折してきましたが、まずはパソコンを9時半に閉じてしまうことが私の場合には良いようです。ネットサーフィンしているときにメールの着信があると見にいって返事書くようなことにもなりますものね。

この項、つづく。

|

« ジグリング de ♬ 変形性股関節症 のサイトのご紹介 | トップページ | 馬カフェ »