« 10月の目標 足首の柔軟性 | トップページ | 徹子さんの舞台/コラーゲンサプリメント »

2017年10月 2日 (月)

足首の体操効果 ほか

昨日から始めた足首のための運動、私はかなり足首が硬かったせいだと思うのですが、1日体操しただけで足が軽くなって感激。もともとふくらはぎが凝って揉んだりしていましたが、今朝起きたらスーッとしたした感じで気持ち良いです。朝昼晩3回どころか昨日は初日だったので、思いついてはしているようなことで6.7回はしたと思います。そのうち飽きちゃうのだと思いますが、永遠に続けるというわけじゃなくて「今月いっぱいだけだから」と自分に言い聞かせながら続けていこうと思います。

3つの運動をするつもりでしたが、体操してみてその中の一つで十分ということになりました。今、そのyou-tube 動画をご紹介しようと思ったら見つけられなくなりました。あまりに足首柔らかくする動画が多いのにあらためてビックリです。動画の中では触れていませんでしたが、私は筋膜リリースに必要と竹井先生が提唱されている90秒を時計の秒針見ながらしています。90秒すごく長いです。カーブスで最後にしていたストレッチは6秒ぐらいのことではなかったかしら?腕時計をやめたときに、文字盤の見やすい懐中時計を買ってあったので(ちょうどストップウオッチのような雰囲気の)それで測っています。
ふくらはぎの上や下、ハムストまでついでに伸ばすようなストレッチも入れています。

寝てから足がポカポカして「血流が良くなっている!」と思いました。動画、時間があるときに探してみます。こういう変化って最初に感激してあとは慣れてしまうものだと思いますが、血流が良くなったらそれだけでも(足首の角度深くならなくても)良いと自己満足しています。

痛みをとるのに「ありとあらゆることをしてきた」と何度か書いていますが、それは人によって合うことが違うので、私がして良かったことをなさっても「全然効果なし」ということも多々あろうかと思うからでした。
でもそれを前提に少し書き出してみることにします。

①五本指ソックスとの重ね履き
20年ぐらい前に冷えとり健康法ということで、絹と綿のソックスを交互に4枚重ねて履くというのを知人から勧められたことがありました。五本指を二枚と指のない普通のソックス二枚も履くので、外出するときに普通の靴は履けないぐらいになります。それが気に入ってタンスの引き出しひとつ全部靴下になっちゃったという知人がいました。私は続かなくてすぐにやめてしまいました。可愛いデザインの五本指ソックスが巷にたくさん出回るようになって履いてみたら足の指が喜んでいる感じで、でもそれだと出先で靴を脱いだときに恥ずかしいので普通の靴下との重ね履きになったような流れです。今や一枚だと心もとない感じです。二枚履くと温かい安心感のようなものがあります。

②cw−x
何度かこのブログに書いたことがあります。夏場は暑いので短いcw−xを履いています。洗い替え用に二枚もっているのは右端の一番長いのだけで、後はそれぞれの長さの右隣ので代用するようなことです。(お洗濯して1日で乾きますから。)「ブログにcw−xとはよく書いているけれど、こんなに持っていたのね。」と笑われそう。ここ涼しくなってからフルサイズになっていますが、先日まで中間ぐらいの長さのを履いていました。お値段はけっこうしますが、それまで履いていた暖かバルキータイツのような消耗度ではないので費用対効果はまあまあなのではと思っています。「cw−xをやめるように。」と言われて、気に入って通い始めた療法をやめたぐらいですから、cw−xに相当惚れ込んでいます。相性が大きいかもしれません。
それぞれの股関節症の人がそういう物(股関節のお守りみたいな?)と出会えると良いですよね。
Img_1758


最初に買ったのは、患足の腿の外側の辺りが擦れて繊維が透けるぐらい薄くなって処分。「こんなところ擦れるかしら?」と思って考えてみたら銀サロの施術をいつもそれを履いて受けていたからだと気がつきました。その辺りが固くて宮川先生がいつも一所懸命肘でほぐしてくださっていました。温泉病院でもそれで施術受けていたのですが今の療法士の先生に代わってから「すべって施術しにくい。」と言われたことを思い出しました。cw-xにも私なりの歴史が(オーバーですが)刻まれています。「骨盤ベルトは締めつけるから苦手」という人には向かないです。cw−xにはいろいろなタイプがありますが股関節サポート機能がついているのを買っています。昨日の足首の写真をとったのはスキンズの方です。cw−xは脱いだときにxの跡がついてしまうので、お灸などにいくときにはスキンズにしています。

|

« 10月の目標 足首の柔軟性 | トップページ | 徹子さんの舞台/コラーゲンサプリメント »