« po-chanさんにお会いしてきました/質の良い睡眠 | トップページ | 雅叙園の百段階段での華展に行ってきました »

2017年10月19日 (木)

馬カフェ

猫カフェが流行っているようですが、主人が出先で昼間放映していた番組を見て「都内に馬カフェがあるんだって。」と教えてくれました。ご主人を亡くされてから落ち込んで立ち直れなくなっているところ馬セラピーで元気取り戻されて自馬を持つようにまでなった女性がなさっているのだとか。預け先で馬が落ち着かないようなことで自宅の車庫を改造して馬を引き取ったことが始まりなんだそうです。番組をオンデマンドで見られないかと思ったのですがダメなようで残念です。馬カフェ マリアの風
ランチもあるようなのでいつか行ってみたいです。

乗馬をしているというと「股関節症なのにすごい!」と思われるようですが、もともとはお灸の先生に「股関節症の人に勧めたいスポーツ」ということで内転筋始め股関節周りの筋肉や体幹を鍛えるからだったと思うのですが勧められたのがきっかけでした。乗馬をしている友達には「気の毒だけれど貴女には無理だと思う。乗るだけじゃなくて馬を馬房から連れ出したり手入れしたりしなくちゃならないの。」と言われて一度は断念したのでした。当時は杖ついていましたから、杖ついて馬を連れて歩くなんて無理ですものね。馬の足にプロテクターをつけたりのようなしゃがんでする作業も多いので、しゃがんだり立ったりが苦になるのだと難しいと思いますし、確かに当時の私には無理だったと思います。

股関節症の(バーチャル)末の妹も体験乗馬に行って乗馬を始めました。その彼女の股関節症のプール仲間で乗馬をなさるTさんをご紹介いただきました。Tさんは温泉病院に入院なさったこともあって、それこそ車椅子だったこともあるそうです。今は全く普通に歩かれていて私の目標になっています。きょうはそのTさんが私の乗馬倶楽部を見たいということでご案内してきます。この空模様(浦和は雨)だとキャンセルしてしまうところですが、施設を見るだけで良いというし、行ってみて小雨ぐらいなら騎乗させていただこうと思います。キャンセルするつもりでいたのですが行くと決めたらシャキッとしたのが我ながら可笑しいです。

Tさんの話だと温泉病院の患者さんで乗馬をなさる人がもう一人いるのだそう。松本深圧院の10周年でお会いした方が私と同じ乗馬倶楽部にご主人様と一緒に入会されたことを以前書きましたが、これで私の周囲には股関節症の乗馬仲間が5人いることになります。乗馬倶楽部に入会までのことはなくても馬カフェでお馬ちゃんに癒されるのもいいかもしれませんよ。🏇

|

« po-chanさんにお会いしてきました/質の良い睡眠 | トップページ | 雅叙園の百段階段での華展に行ってきました »