« 富士温泉病院から戻りました | トップページ | ジェリーフィッシュチェア&バランスボールチェア »

2018年1月15日 (月)

リラックスすることの大切さ

ネットで英作文の添削他の指導を受けています。今受けている講座は日本人が勘違いして誤用しやすい言い回しについて取り上げられていて、なかなか面白いです。月に一度50ページぐらいのテキストを読んで、それらを織り込んだ課題作文を二週間に一度、提出するタイプのもの。今回のテキストの中のコラムにThe time to relax is when you don't have time for it .というのが紹介されていました。この文をまるごといれて検索してみると、それをタイトルにしたページがどっさりでてきます。その中で背景に自然の美しい写真を使った画像に大きく格言のようなその言葉が書かれているページがありました。山の写真や海の写真などたくさんある中で星空の写真が気に入ってダウンロードしました。

直訳してみると「リラックスする時間というのは、あなたにその時間が無い時だ。」みたいになって一見矛盾した考えのように思えますが、要は追い込まれて<リラックスするなんてそんな悠長な時間なんて私には無い>と思う時にこそリラックスすべきというような意味合いになるのだと思います。

日本語で書かれたサイトで何か同じような意味合いのものがないかしら?と探してみたらイチローの語録のようなものを集めた本の中に同じような言葉をみつけて図書館で予約してみたところ。バッターボックスに立っているとき集中力全開なのは、上手にリラックスできているからというようなことが書かれていました。リラックスするというと「温泉に行って」とか「自然の中に行って」とかみたいなおおごとを考えてしまいますが、そういえば昔<瞬間リラックス>という本を買ってあることを思い出して読み返し見ようと思います。

肩こりが解消したことを書きました。ガチガチの体が緩んだら「あれもしなくちゃ。これもしなくちゃ。」みたいな気持ちもゆるんでゆったりした気持ちになってきました。歯医者さんも予約時間に行くとすぐしていただけるのもありがたいですし歩いて10分ぐらいなのでバスを待ったりするような時間なしに通えるのもありがたいことだなぁと思ってみたりする気持ちの余裕も生まれました。

今通っている乗馬クラブは遠くて騎乗前の馬装や乗ったあとのお馬さんの手入れなどの時間もあるので、45分のレッスンを受けるために12時半に家をでて7時に帰宅するようなことで「月に2回がやっと」と思っていましたが、時間を作って週に一度は行けるように、あるいはもう少し通うのに便利なところを他に探そうかとも思うようになっています。乗馬に定期的に通えると精神的な落ち込みがなくなってラクに過ごせそうです。落ち込んだときに「今馬に乗れたら」と思いますが、庭先に馬がいるわけでもないので無理ですものね。‥なので「落ち込む前に馬に乗りにいこう。」みたいな発想の転換をした次第。

今年はいろいろ自分なりに工夫してみようと思っています。

|

« 富士温泉病院から戻りました | トップページ | ジェリーフィッシュチェア&バランスボールチェア »