« 私の外反母趾とフットプリント | トップページ | 津軽への旅 1日目 »

2018年6月25日 (月)

これから五所川原へ

きょうはこれから青森へ。JR東日本大人の休日倶楽部、乗り放題の時期には「この機会にどこかに行かなくちゃ」みたいになります。昨年、乳頭温泉に行く途中に仙台で下車してお会いしたKさんが、1月の乗り放題の時には「伊豆爪木崎の水仙を見たい」ということで、ご一緒させていただいたのでした。今回は青森の個人で開放しているお庭に行きたいということで「では私も今回の行き先は青森に」ということで、半日だけご一緒させていただくことにしています。お会いするのは奇しくも昨年仙台でお会いしたのと同じ日になる(6月26日)になるのだとKさんが言っていました。

新青森まで往復で37000円ぐらいになるのが15000円で行って来られます。4日間有効なのでKさんは仙台から石和の温泉病院にもその4日間の中で来られることにしていて大幅移動ですがお得な切符を有効に使われています。青森ではお知り合いの方に会われることになっていてその方が車に乗せてくださるということにもなっていてありがたいです。

主人は昨夜のサッカーの試合を夜中に見ていたのでまだ寝ています。自分のお昼と主人用におにぎりを作ってあります。新青森着が11時頃なので、お昼には中途半端。きょうは1日レンタカー借りて一人で行動するので、お昼は(駐車場さえあれば)どこでも食べられるのが助かります。列車でいくとレストラン探さなくちゃになりますものね。

青森では五所川原、金木に行って太宰治記念館/斜陽館に行ってみたいと思っています。太宰が好きというより建築物が好きなので。父の23回忌を前に両親のアルバムを見ていたら、父の弘前での仕事について母も一緒に弘前に行ったこと、「ずっと来たいと思っていた斜陽館にようやくたどりついた。」と書いてあって斜陽館の写真が貼ってありました。当時私は浦和で祖母との同居で、大変な時期だったと思うので両親は旅行などののんきな話を私にはできなかったのだろうなぁと思ったりしながら感慨深く写真を眺めました。

先日、伊豆への日帰りでは図書館から借りた太宰の「津軽」を読んできました。岩木山の見え方が違うようなことが書いてあって、ネットで検索したらその眺めを紹介してあるページを見つけました。岩木山の見え方

そういえば富士山も温泉病院に行きながら山梨側から眺めてきましたが、下田に行くようになって「静岡側から眺めるようになったなぁ」と思いながら車窓からの富士山眺めてきたりしておりました。

では行ってきます!(見直す時間がないので誤字脱字は帰宅してから修正します。)

|

« 私の外反母趾とフットプリント | トップページ | 津軽への旅 1日目 »