« 気持ちが大事 | トップページ | 久々の痛みが解消したところ »

2018年8月 1日 (水)

外反母趾 足指を広げることの是非

きょうは午後に距骨調整の6回目の予約を入れてありましたがキャンセル。まだ途中ですが通うのをやめることにしました。8回通うことになっていて最初の4回は毎週、次の4回は2週間おき。<8回分一括で払うと割引、クレジットカードで払える>というのに惹かれて払ってしまったので、3回分を無駄にしたことになります。アカイシの室内履きに出会ったのはこちらのおかげなので、「それだけでも収穫あり」と思うことにします。

一つにはテーピングがダメだったこと。4日間そのままにというのだけれど、私にはとても無理でその日のうちに取りのぞくようで、それが剥がすのに結構大変。屈曲が悪いからなおさらです。前回はそう申し上げて簡易なテーピングにしていただいたのですが、それでも同じくその日のうちに剥がすようなことでした。このテーピングがすごく気に入って次回まで一週間そのままにしておく人もいたそうですから、本当に人それぞれですよね。それを剥がしたあとで日々自分でするテーピングも私はしておりませんでした。

もう一つは、某所で(ブログの最後にリンクはりました)いまの距骨調整と正反対(いまはやりの言葉だと真逆)のことを提唱していて、なんだかシラケてしまったこと。「してはいけない」と言われていることに時間とお金をかけていることになりますから。その某所では「五本指ソックスは開帳足になるので良くない。足の指を開くのも同様に良くない。テーピングはしてはいけない。」みたいなこと。どんなことにも正反対の考え方があることは承知していますが、五本指ソックスと足のグーパーは自分が続けてきたことだけに「本当のところ、どうなのかしら?」と迷っています。

ことのきっかけはファンケルの肌着を注文しようと思ったら、私が寝るときに使っていたような足の指を開くようなソックスも取り扱うようになっていて、その注意書きに「就寝時に着用しないでください。」とあったこと。「え〜、私この冬の間、寝るときに使ってきたのに。」と思ったようなことでした。指解放フットカバー

外反母趾に足指を広げてはいけないという説、皆さんはどう思われますか? ある足の専門家からはタオルギャザーなどもあまり良くないと言われました。よ〜く考えてみると「足の指本来の動かし方から考えると不自然ではないのかしら」という気もしてまいります。五本指ソックスについての是非論はネットで検索するといろいろ出てきます。

外反母趾に足の指を広げないほうが良いことを書いたページ。コチラ

|

« 気持ちが大事 | トップページ | 久々の痛みが解消したところ »