« 均整院の予約/メルトの本  | トップページ | 那須での乗馬 »

2018年8月 6日 (月)

ガスコンロ その後 ほか

距骨調整の所に行くのをやめたことを書いたばかりですが、距骨について、かなり前に大原先生の所に行っていた頃に「足首が大事」ということでパート2のブログに書いておりました。自分のことでさえもすっかり忘れてしまうぐらいなので、メール交換している方々の股関節の状態を別の人と勘違いしたり忘れちゃったりするのは仕方ないかもしれないと思ってみたりしているところです。「ブログに記録を残しておくことは自分のためにも必要」とも。

Rさんに書いたメールが迷惑メールに入っていたのだそう。私のGメールにも温泉病院からのお返事が迷惑メールに入ってしまったことがあるのを始めとしてそういうこと多いです。Gメールの迷惑メールフォルダーは一ヶ月で削除されるらしいですから時々チェックが必要そうです。

きょうはこれから東京ガスの女性スタッフが先日購入したガスコンロの使用方法やお手入れについて説明に来てくださるということで、台所のお掃除を汗だくになりながら床掃除まで念入りにしたところです。三口あるコンロの奥の小さいコンロでご飯が炊けるということで炊いてみたり、先日はカレーピラフも<炊き込みご飯>というモードで炊いてみたりしてみたところです。「右コンロタイマー終了しました。」みたいにいちいち音声が入るのもうっとおしいので消音設定も教わっておこうと思います。「その操作はできません。」みたいに言われたことも何度かあって、その辺りも質問しておかねば。冷凍食品の解凍もできるし、ご飯も炊けるとなると電気釜とか電子レンジとか不要になって台所が広く使えたりしそうでもありますが処分してしまう気にもなれなくて‥。

最近、数年続けてきた<新月の願い>というのを書かなくなってしまっております。毎月のように書いていた頃に「ヘルシーなお料理を日々楽しんで作る。」ということを挙げていた時期がありました。若い頃には「今晩何にしよう。何か食べたいものある?」と献立に困って主人に聞いたりしたこともありましたが、気が付いたらいつのまにかそういうこともなくなっていますし、楽しんで日々お料理していると思います。(よく考えると食欲旺盛なだけかもしれません。いつも自分が食べたいものをすぐ思いつくということですものね。)

最初に買ったのが従兄弟の息子夫婦の結婚祝いへのリクエストで買った圧力鍋で、「私が若い頃使っていた圧力鍋から進化しているなぁ。」と思いながら、スペアリブなどは骨からお肉がホロリと剥がれて食べやすくなるし、圧力鍋としてだけでなく普通のお鍋としても重宝しています。次がバーミックスで、これはブレンダーを探している中で買ったもので、今はひき肉などもコレでひいています。ひき肉は買ってきたらすぐ使わなくちゃですが、残ったお肉をひき肉として使えるのも便利。餃子の中身などはニンニクやショーガだけでなく茹でて荒く切ったキャベツやニラ 戻した干し椎茸など一緒にガーッと混ぜちゃっております。最近ではお蕎麦の時に薬味として添えるネギも自分で切るとイマイチなのがスライシーでの出来栄えに満足。キャベツの千切りなどもイマイチ得意ではないので本来スライシーではできないはずですが無理やりコレでしています。(出来栄えをそのうち画像にしようかしら。)

体は何しろ日々食べているものから作られているので、食事は大事ですよね。私の股関節症が良くなったことに食べ物は大きいと自分で思っています。(お肉をやめていた時期、筋肉に良くなかったのではないか。上質のタンパク質は大事ということを以前も書きました。)主人が「チューブの辛子やわさびにもソルビットだったかソルビトールだったか入っているよ。」と言うので、粉なわさびに切り替えたところです。辛子やわさびは大量に食べるものではないので「まぁいいいか。」と思わなくもないのだけれど‥。

熱中症だけじゃなくて水毒症というのにも気をつけなくちゃで、塩分補給ということで、ここのところ梅干しを食べるようになっています。梅昆布茶なども良さそうかしらね。

|

« 均整院の予約/メルトの本  | トップページ | 那須での乗馬 »