« 久々の痛みが解消したところ | トップページ | ガスコンロ その後 ほか »

2018年8月 3日 (金)

均整院の予約/メルトの本 

痛みは解消しましたが、「油断してはならじ。」と均整センターの予約を入れたところです。第二水曜日だけフリジーアさんが信頼なさっている大先生が来られて、それぞれの施術をしているブースを回ってアドバイスくださいます。今月は温泉病院へも行きませんし、前回均整センターに行ったのが2月なので半年ぶり。この辺りで一度行っておかないと忘れられてしまいそうでもあります。均整センター

前回引っ越したばかりの巣鴨の均整センターに行った日、朝起きたときに腕がしびれることが気になっておりました。こちらから申告しないのに施術のときに「右肩に違和感があるけれど何か不調はないだろうか?」と聞かれて、その技術の確かさにいっそう信頼を置いたのでした。暑いけれど予約できたので頑張って行ってこようと思います。

アマゾンで購入したメルトメソッドの本が届きました。すごく良いです。図書館で借りたとしても手元に置きたくて購入したと思います。(追記:後ほど熱が少し冷めました。)メルトというネーミングは溶けるメルトという意味ももちろん含まれているけれどMyofascail Enegetic Length Technique(筋筋膜 エネルギー 伸長 テクニック)の頭文字なのだそうです。今回の痛みをだしたことがこの本を購入するきっかけになったのでしたから、痛みも無駄ではなかったと思ったぐらいです。私はこのために開発された柔らかい素材の物は購入しないで、家にあるストレッチポールで代用していこうと今は考えています。

以前、ストレッチポールのいろいろな運動療法を取り上げた専門書を購入したことがありましたが、温泉病院の療法士さんに差し上げてしまいました。通り一遍の専門書というというと申し訳ないですが、そういう専門書に比べると、<本当の痛みの原因は?><痛みの無い人生は送れる>というような痛みがある人の気持ちに寄り添うようなあたたかい文章で、読んでいるだけで気持ちが穏やかに落ち着くように思います。カラー写真もたくさん載っていて通わなくてもセルフケアができそう。ただし文章は相当量あるのでこれまで発刊されてきたようなハウツーものの体操を読むつもりで買うと「こんなに読まなくちゃならないの?」とちょっと気持ちがひるみそうです。「読むぞ〜」みたいな覚悟が必要。

写真はたくさんでていますが、運動はある程度パターンが決まっているので、最初に受けた感動は読み進んでいるうちにちょっと薄らいできてしまいました。最初「ぜひおすすめしたい。」みたいに書きましたが(図書館にあるようなら)一読なさるのでも良さそう。(熱しやすく冷めやすいみたいです。ごめんなさい。)

|

« 久々の痛みが解消したところ | トップページ | ガスコンロ その後 ほか »