« 那須での乗馬 | トップページ | あっというまに一週間 »

2018年8月11日 (土)

那須乗馬/Tさんお勧めのウエーブリング

Tさんとの那須への旅の最後を飾ったのは、車窓から眺めた大きな虹。帰宅したらTさんから「那須の方は大雨」というショートメールが入ってきました。

私たちがいったホースリゾート那須は名称に那須とついていますが実際は大田原なのだそうです。グーグルマップで見たら大雨警報がでていたのは乗馬クラブからちょっと南の地域。朝、私たちが宿を出るときには青空でお天気に恵まれた旅行でラッキーでした。乗馬の写真、顔がわからないからブログに載せてもいい?と聞いたら(共通の友人の)「野の百合さん、まるさんにも見ていただけるものね。」とOKをいただきました。Tさんとはそのお二人からの紹介で知り合いました。3人は股関節症ののぞみ会のプールで一緒。一般の人対象じゃなくて股関節症専門のそういう講座があるって良いですよね。股関節症バーチャル姉妹の末の妹のまるさんも乗馬を始められたので、「いつかと三人で一緒に行きたいわね。」と旅行中なんども話題にしておりました。

P1070599_2

乗馬クラブの送迎車内で地元のお土産の話になったら「御用邸チーズケーキ」というのが評判が良いということでTさんはそれを買うために翌日も那須塩原駅に戻りたいということでしたが、地元在住の(股関節症でお会いすることになっていた)Xさんからのメールで「西那須野にもチーズケーキ屋さんの支店がある」ということで、街合わせはその売店で、さらにその近くに同じお店の落ち着けるカフェがあってそちらでゆったり三人でお話ししてきました。

ブログに第三者のことを書くときは慎重にしないといけないので、Xさんの個人的なことを書くのは差し控えますが、Tさんがお会いした途端<ウエーブリングの勧め>を熱っぽく語り始めたのでびっくり。実は私も数年前にウエーブリングを買ったけれどレドリーさんが温泉病院で勧められたという話を聞いて「私使っていないからあげる」と<家から物を減らそう>と努力中ゆえに、迷惑だったのかもしれませんが押し付けるようにして差し上げたのでした。

Tさんは使い方の本もDVDも買って、その指導者講習みたいなものを受けようかと思ったこともあったのだそうです。今は何種類か出ていて6本持っているとのことでさらにびっくり。その6本を並べて寝ると気持ち良かったりするのだそうです。Tさんは今とても良くなっているわけですが、あらためて話をうかがってみると、いろいろ努力もされているし二年前から某所にもストレッチを受けに通われているのだそうです。さんざんいろいろ試してたどりついたのが、そのストレッチとウエーブリングだったみたい。

ウエーブリングの良さとして「壊れない。値段が高くない。電池の変えなどメンテナンス無し。軽いので持ち運びもしやすい。」と列挙されていました。確かにバランスボールやストレッチポールよりはるかに小さいですし、何か一つ健康グッズというのだったら良いのかもしれません。(使わなくなっちゃった私がいうのも説得力に欠けるかもしれませんが。)私はストレッチポールでふくらはぎもほぐしたり、要はウエーブリングでするようなことは手持ちの他のもので間にあわせることができる感じです。

今回の旅のもう一つのビックリは、個人旅館にスタッフとして外国人女性がいて「彼女が(スペイン語圏の)中南米の人だったら(この旅は出来過ぎで)腰をぬかしそう。」と言ったのだけれど、翌朝聞いてみたらアルゼンチンから3ヶ月前にここの宿に働きに来た人でした。彼女は母国語のスペイン語が話せるということで大喜び。私もTさんの流暢なスペイン語を初めて聴かせていただきました。私のことを「彼女もスペイン語が話せるのよ」と言われて焦りましたが、Tさんに文法的な誤りを会話教室の先生みたいに直していただきながら錆び付いた扉をあけるみたいにしてちょっとだけ話しました。

あの台風情報の中騎乗できたり、眺めの良いレストランでのお食事つきだったり、塩原温泉駅に迎えにきてくださった旅館のご主人がかなりの時間かけて塩原観光してくださったり、スペイン語圏の人とのおしゃべりがあったり、何しろ面白い旅行でした。私は楽しいことが終わると風船がしぼむみたいになってしまうのでそれがちょっと困ったことです。現実に戻って、お盆の支度しなくちゃみたいなことで‥。

|

« 那須での乗馬 | トップページ | あっというまに一週間 »