« 11月のレポート その2 | トップページ | 人生で今が一番元気 »

2018年12月18日 (火)

平成30年もあと2週間

月末にブログ更新するといっても年末になってしまいますから早めに書いておこうと思います。

最近嬉しかったこと。パンツはストレッチ素材のビースリーというお店に決めているのですが、冬用のあったかパンツを買って「ズボン丈」を測ったら左右差が1センチに縮んでおりました。記憶によればかなり前には(別のお店で)3.5センチ差があったはずなのです。パンツはB3と決めているので、デパートの中探して歩き回ったりしなくて良いのも嬉しいことでしたが、エコフェアというので「不要になったビースリーパンツを1080円のビースリーで使えるエコクーポンとお引き換え」という案内が届きました。建築資材としてリサイクルしてくださるのだそうです。なかなか物を処分できない私はボソボソになっても履き続けていたりしちゃっております、ビースリーでしかパンツを買わない私には嬉しいサービス。

今年の漢字一文字は<災>になって清水寺の森清範管長が大きな筆をとられていました。下田乗馬で最初に泊まった旅館/石廊館という所はその管長さんが近くのお寺で講話をなさったときに泊まった宿で、宿に大きな書が飾られておりました。サイン入りの著書が置いてあるとのことで買い求めたら「最後の一冊」とのこと。五子(いつつご)ちゃんの名付け親でもあった清水寺の大西良慶和上が大好きで講話の本や肉声のテープも持っています。著書の中ではその大西良慶和上のエピソードなどにも触れられていて嬉しかったです。

秋にショートカットにしました。美容院の担当者に「いつ以来?」と聞かれましたが自分でも忘れちゃっているぐらいで少なくとも股関節症になる前の話。実は私はオデコ(額)に生まれつきの痣があって前髪とメークでカバーしておりました。主人の剣道仲間に形成外科の先生がいるので相談してみたら「それは太田母斑というので昔は皮膚を移植するようなことだったけれど、今はレーザー治療でとれます。太田母斑は保険が効きます。」というお話。昨年の5月から3.4ヶ月に一度のレーザー治療をうけはじめたのが10月に終了。前髪をあげて額をだせるようになりました。今まで気がつかなかったけれど視野に下ろした前髪がはいっていたのが前髪をあげたことで見えなくなって目の前が明るく開けた気がします。

明日はユーミンを聴きに(見に?)<さいたま新都心/スーパーアリーナ>に行ってきます。ここは沢田研○がドタキャンをしたことで話題になった会場。確か3万人ぐらいの会場で9000人の予定が6000人とのことでキャンセルになったのでしたよね。6000人も集まったファンに対してどうなのかということは当然あるのだけれど、あの広い会場にリハーサルに行ってみたら、座席の5分の4ぐらいブルーシートのよう何かで覆い隠されていたらショックであることは確か。近くに2.3千人規模の大ホールはいくつもあるのだからそちらでコンサートをしたら満席だったのにと思います。それにしてもこの大きなホールのチケットを買うのにcdを買ったことで優先権があって購入できるようなユーミン始めスーパーアリーナでコンサートして3万人近く集客できる人たちってすごいと思います。ユーミンは股関節症になったばかりの頃に杖をついても痛かった足をひきずるようにして、たった一度だけ聴きに行ったことがあるのです。ですから私にとっては股関節症の最初と最後の区切りのような気がしたりもしています。

長くなりすぎるので、この辺で分けます。

|

« 11月のレポート その2 | トップページ | 人生で今が一番元気 »