« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の4件の記事

2018年12月29日 (土)

平成最後の大晦日とお正月を前に

昭和生まれの私たちは「明治生まれ」と聞くと、ひと昔前の人のように思ったものでした。次の元号に生まれてくる子供達からしたら同じような印象になるのでしょうね。例年、年の暮れには「一年を振り返って」と思うのですが、今年は「平成の30年間を振り返って」という思いにもなります。一番変わったことはインターネットの普及かもしれません。一昔前でしたらブログを通してこんなふうに皆様と繋がれなかったでしょうし、股関節症の情報もネットからによるものが大半。重たい旧式の携帯電話から現在のスマホまでの進化と、フェイスブックやインスタグラムなど新しい世界の広まりと。

数日前から軽井沢の家に来ています。ここも平成に入ってから建てたのだったと思い出しています。今年亡くなった姉のようだった従姉妹は夏になると軽井沢のホテルに一週間ぐらい滞在するので会いに行っていたこと、軽井沢に家を建てようと思ったときに「年取ってからを考えると、暖かい伊豆とか熱海など方がいいんじゃないかしら?」と電話してきてくれたことを思い出します。「暖房するから大丈夫よ。」と答えましたが、今になってみるとそのアドバイスは正しかった気がします。でも熱海まで行くのが便利になったのは高崎線、宇都宮線が東海道線直通になった最近のことですし、圏央道が厚木まで抜けたのもごく最近の話。あの当時は仕方なかったと思ったりもいたします。主人が退職したら軽井沢に住むつもりで建てた家でした。人生、そう思っていた通りにはならないものですよね。

寒い地方に住んでいる人を怖がらせては申し訳ないのですが、私の場合には軽井沢の寒さで股関節を悪くしていたように思います。車も今でこそ座席のヒーターがありますが、以前は出かけるたびに氷の上に座って冷やしているようなものでしたし、お風呂の前の洗面所はなかなか暖まらないので「億劫だからお風呂に入るのやめちゃおう」みたいなことになってしまっていたり。股関節症が改善方向に向かった時期には朝夕お風呂にはいって身体を温めていたわけでしたが、軽井沢でそれはできなかっただろうと思います。寒い地方に定住しているような人たちはもっと快適な暮らしをなさっているのでしょうけれど。長野にお住いのモカさんから車に乗る前に遠隔操作して車内を暖房しておくというコメントをいただいたことがありました。外出するたびに氷の上に座るような思いをしなくてすむだけでもかなり違うでしょうし、一時が万事そんな工夫があるのでしょうね。

「100人の人に合っても自分には合わないかもしれない。」というのは施術や体操について書いてきたことでしたが、今回メイヨークリニックの本のなかで「体重は週に一度測るようにする」というのを読んで、私には<毎朝、毎晩体重を計る>より週に一度の方が良さそうと思うようになりました。これは性格的なもので計り忘れて寝たりすると翌朝罪悪感のようなものを感じるし、友達と久しぶりに食事会などの日に体重がドンと増えたりするとイヤな気がしてしまったり一喜一憂することが意外とストレスになっていたことに気がついたからです。トレンドを見るのが大事なので、「週に一度」といっても友達とのお食事会ならその日をさけて計るようにするとか<ゆるい体重測定>が私には合うのだと<遅ればせながら>気がついたようなことでした。

「いい生き方、いい文章/高橋玄洋」という本がお友達が勧めてくれた別の本のなかで紹介されていました。読んでみようと思ってメモするのを忘れてお友達に聞いたら、彼女はわざわざ図書館から本を借りなおして調べてくださいました。ご紹介したい箇所は山ほどあるのですが、一つだけにするなら「ものを書くということは自分を究めるための作業です。自分で書き、自分で読むことで、自分の一生を一歩一歩確かめながら歩くことなのです。」とあります。私はおかげさまでこのブログを書くことで自分をみつめながら股関節の状態も管理してこられたように思います。股関節症の妹分の一人が「私もブログ始めてみます。」と言っていました。公開するブログではなくて個人の日記でも良いので書くことはお勧めしたいです。

この一年を振り返って大きかったことは伊豆乗馬クラブと出会ったこと。通えるかどうかはまだ自信がなくて一年だけの会員になったので残り半年で見極めなければと思います。格安のペンションと夕食をつけなければそこそこの値段で泊まれる国民休暇村までの送迎をしていただけるので電車で行くようになっています。その休暇村では毎晩<星空カフェ>というのがあって、簡単な星座などの解説しながらの観望会があります。前回のブログに書いた小淵沢の乗馬でも私だけ前日泊にして以前から泊まってみたかった天文台のあるホテルに宿泊。星空だけを求めて宿泊するのだと曇りで星が見られないとアウトですが<乗馬を目的として副産物みたいに星空が見られる>って思いがけないことで嬉しいです。

80歳すぎてスペインに乗馬にでかけられたという宇津井健さんが、50歳だったか60歳だったか忘れちゃったのですけれど、そこからが人生面白い、若くして亡くなった人たちが気の毒に思えるというような意味のことを言われたというのを乗馬がらみの記事で見ました。私も60歳すぎてから人生面白くなったと思うようになりました。数年前<老い>を思って鬱っぽくなった時期がありました。気持ちの転換ができて良かったです。

これからも皆様とご一緒に良い時間を過ごしてまいりたいと思います。皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいますように!

追記:ユーミンの埼玉アリーナでのライブに行くべく、新都心の駅で下車したら通勤ラッシュ並みの人混みで階段もそのまま人の波にのまれて上がるようなことでした。駅の階段は怖いので、日頃は手すりにつかまるようにして上がるのですが、やむなく大勢の人の波にのまれたまま階段をあがりました。<杖なし、手すりなし、一般の人と同じ速さで階段を上がれるようになっている>ということが嬉しかったです。(混雑しているのでゆったりした足並みではありましたけれど。)

|

2018年12月19日 (水)

均整体操カレンダーのこと

昨日、フリージアさんからいただいた情報を皆様とシェアしておくべくブログ書き足しております。均整体操が紹介されたカレンダーを先着50名までいただけるのだそうです。私は年内は均整に行けそうにありません。カレンダーには動画サイトの紹介もあるということで、you-tubeで見つけました。(股関節痛の体操ではないですが)ご紹介しておきますね。最初に紹介されているのはヨガで魚のポーズと言われているのとそっくりですよね。均整はいろいろな療法をフュージョンしたもののように思います。股関節症だから股関節に特化した体操というより、<ぐっすり眠るために>みたいな身体のために良い体操を気長に続けるのが良さそうに思います。遠回りのようでいて案外と王道だったりするのではないかしら。フリージアさん情報とブログで紹介することをご快諾くださってありがとうございます。
均整体操カレンダー

エゴスキューでは体型を<骨盤前傾、後傾、ねじれ>の3種類に大きく分けていますが、均整では12通りに分類しています。先日、均整の修正体操の中古本をアマゾンで買ったので次回行ったら自分はどの体型でどの修正体操が合うのか聞いてこようと思います。<目をつぶってその場足踏みを50回>というのをしてみたら私はかなり前に行ってしまうのでform1なのかしら?と思うのですが。

巣鴨の均整に行った際に、このラベンダーブログをご覧になって均整に来られた方という方々にお会いして感激。直接のご紹介ではないですが「ブログを読んで来ました。」ということで500円引き(2500円)にしてくださるかもしれないそうです。私も毎月いけるわけではないのですが、フリージアさんご紹介の鈴木節子先生という大ベテランの先生が第二水曜日に来られているので第二水曜に行ける時は行くようにしております。鈴木先生からは宿題として各自にあった体操を教えていただいております。他の日も、どなたかベテランの先生がついて指導してくださっていますが体操指導まではありませんでした。地元で開業している先生方の研鑽の場になっています。一度開業してしまったらそれっきりというのでなく限りなく研究して極めて行こうとする姿勢は素晴らしいと思いますし、それで破格のお値段にしていただけるのは患者としてはありがたいです。

今年を振り返って、何年も前から「(股関節症患者の)三人で一緒に外乗に行きたいわね。」と話していたことが12月の始めにようやく実現しました。一番後ろのオレンジが私です。乗馬クラブの福袋に入っていたスタジアムジャンパーです。葉を落とした木々の間を歩いていたら「落ち武者の心情になってしまった。」と話して、まるさんに笑われました。戦場で命を落とした仲間のこと、故郷に残してきた家族のこと、いろいろな思いで馬の背に揺られていた武将たちがいたことと思います。馬場と違ってアップダウンが多くて足元は馬が見て歩くので見ないようにとのこと。ナルホド。愛馬を背負って急坂を降りたという畠山重忠にも思いを馳せ、その銅像があるという深谷に来年は行ってみようと思ったりもしました。実話じゃなくて「馬がかわいそうだから馬から降りた」ぐらいのことが伝言ゲームみたいなことで話に尾ひれがついたのだと思うのですが‥。「サラブレッドと違って日本古来の馬は小さいのでひょっとしたら」ということもなきにしもあらずでしょうか???   三人での八ヶ岳裾野での乗馬、また新緑の頃に行ってみたいと思いました。


P1070788_3


|

2018年12月18日 (火)

人生で今が一番元気

つづき

NHKのシリーズ人体 骨が出す 最高の若返り物質ご覧になりましたか? (私が最近見たのは再放送だったみたい。)

10年前、矢野先生の診察を都内で受けた時に初めて骨のリモデリング、破骨細胞と骨芽細胞の話を聞きました。本などで図解したようなものはこれまでも見ておりましたが、この番組で実物の映像を初めて見ました。毎日、(このブログを書いている)たった今も私たちの体内では骨のリニューアルが繰り返されているのだなぁと思うとなんだか感激しちゃいます。骨はこうして刻々再生していくのだから素人考えでは骨囊胞が埋まらないという専門家の考え方が理解できないでおります。同じ条件下にあればそれは同じ再生を繰り返すでしょうけれど骨にとって良い条件を与えたら素直に再生してくれるのが、微に入り細に入り良く作られている私たちの体だと私は信じたいです。どうして素直に再生できないのかを探り当ててくれるのが専門家であってほしいわけだけれどそれが無理なら自分でアレコレ工夫して条件を変えてみるしか無さそう。

このシリーズの話をすると「タモリがでていたあの番組?」と聞かれますが、それとは別。シリーズとしてはこれまで脳の命令を体内の臓器が受け取っていたと思われていたけれど、実は臓器同士でメッセージ物質を直接やりとりしているというもの。その中で骨が若さや記憶力をつかさどる物質を出しているということが言われておりました。体を支える構造体だけなら人工の物に置き換えることになんの問題もないけれど、メッセージ物質を出しているとなるとどうなのだろうか?と思った次第。

これはショッキングなことで「すでに人工関節になさっている人も多いのだからブログに書けない。」とある人に話したら「そういう情報を伝えることも必要なのではないか。」と言われました。人工関節にして痛みが解消したからこそ、活発に動いて体中の他の骨を丈夫にしておけるということも、痛みのあまり動けないでいるより、骨にとっては良いことかもしれないですし、最新の情報は知っておいた方が良さそうですものね。

今年を振り返ってwebinerをたくさん見聞きしての収穫が多かったと思います。「人生で今が一番元気」と思います。若い頃は都内にでかけると目の奥というのか頭痛に悩まされましたし、何しろ疲れやすかったです。下田に日帰り乗馬で出かけるなんて考えられませんでした。(先日は行きは新幹線つかったりで4時間、帰りは普通電車のグリーンで5時間半)こんな風に元気でいられるのは股関節症のおかげ、「一病息災」とはよく言ったものだと思います。数多くの健康法を試して自分に合ったものを取り入れているからだと思うからです。

そんなこんなで「股関節症になって良かった〜。」と思っています。股関節症にならなかったら出会わなかったであろう皆様との出会いも大きいです。今年もいろいろありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。どうぞ良いお年をお迎えくださいますように。余裕があったら年内に更新するかもしれませんが書けないかもしれないので早めにご挨拶させていただきますね。

|

平成30年もあと2週間

月末にブログ更新するといっても年末になってしまいますから早めに書いておこうと思います。

最近嬉しかったこと。パンツはストレッチ素材のビースリーというお店に決めているのですが、冬用のあったかパンツを買って「ズボン丈」を測ったら左右差が1センチに縮んでおりました。記憶によればかなり前には(別のお店で)3.5センチ差があったはずなのです。パンツはB3と決めているので、デパートの中探して歩き回ったりしなくて良いのも嬉しいことでしたが、エコフェアというので「不要になったビースリーパンツを1080円のビースリーで使えるエコクーポンとお引き換え」という案内が届きました。建築資材としてリサイクルしてくださるのだそうです。なかなか物を処分できない私はボソボソになっても履き続けていたりしちゃっております、ビースリーでしかパンツを買わない私には嬉しいサービス。

今年の漢字一文字は<災>になって清水寺の森清範管長が大きな筆をとられていました。下田乗馬で最初に泊まった旅館/石廊館という所はその管長さんが近くのお寺で講話をなさったときに泊まった宿で、宿に大きな書が飾られておりました。サイン入りの著書が置いてあるとのことで買い求めたら「最後の一冊」とのこと。五子(いつつご)ちゃんの名付け親でもあった清水寺の大西良慶和上が大好きで講話の本や肉声のテープも持っています。著書の中ではその大西良慶和上のエピソードなどにも触れられていて嬉しかったです。

秋にショートカットにしました。美容院の担当者に「いつ以来?」と聞かれましたが自分でも忘れちゃっているぐらいで少なくとも股関節症になる前の話。実は私はオデコ(額)に生まれつきの痣があって前髪とメークでカバーしておりました。主人の剣道仲間に形成外科の先生がいるので相談してみたら「それは太田母斑というので昔は皮膚を移植するようなことだったけれど、今はレーザー治療でとれます。太田母斑は保険が効きます。」というお話。昨年の5月から3.4ヶ月に一度のレーザー治療をうけはじめたのが10月に終了。前髪をあげて額をだせるようになりました。今まで気がつかなかったけれど視野に下ろした前髪がはいっていたのが前髪をあげたことで見えなくなって目の前が明るく開けた気がします。

明日はユーミンを聴きに(見に?)<さいたま新都心/スーパーアリーナ>に行ってきます。ここは沢田研○がドタキャンをしたことで話題になった会場。確か3万人ぐらいの会場で9000人の予定が6000人とのことでキャンセルになったのでしたよね。6000人も集まったファンに対してどうなのかということは当然あるのだけれど、あの広い会場にリハーサルに行ってみたら、座席の5分の4ぐらいブルーシートのよう何かで覆い隠されていたらショックであることは確か。近くに2.3千人規模の大ホールはいくつもあるのだからそちらでコンサートをしたら満席だったのにと思います。それにしてもこの大きなホールのチケットを買うのにcdを買ったことで優先権があって購入できるようなユーミン始めスーパーアリーナでコンサートして3万人近く集客できる人たちってすごいと思います。ユーミンは股関節症になったばかりの頃に杖をついても痛かった足をひきずるようにして、たった一度だけ聴きに行ったことがあるのです。ですから私にとっては股関節症の最初と最後の区切りのような気がしたりもしています。

長くなりすぎるので、この辺で分けます。

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »