« 本年もどうぞよろしく! | トップページ | 京都に行ってきました/腸が主人公  »

2019年1月22日 (火)

下田の菜の花ほか

今月も目一杯予定があって、月末にブログを書けないかもしれないので近況を書いておきます。

ここのところく身の周りを見直していろいろと処分している中で、2008年の12月11日から<股関節らくらく日記>健康雑誌に矢野先生が執筆なさったページから表をコピーして記録したものがありました。12月11日痛み9で「昨夜痛みで眠れず」とありました。翌日も痛み9。40分入浴して温めて痛み5に減っています。2008年の暮れに矢野先生の診察を予約して2009年に入ってから診察を受けに(当時診察していた)丸の内の診療所に出向いた時が一番痛かったので、今、温泉病院に提出している記録はその時を10として記録し始めて今日にいたっております。「それ以前にも記録していた」なんて全く忘れておりました。それだけ痛みがあった私が、現在痛みゼロになっているのですから、今痛みがある方も、<方向性さえ間違わなければ>きっと痛みは解消すると思います。

先日、代々木八幡の白寿ホールに演奏会を聴きに行くのに遅れそうになって、赤羽駅の階段を駆け下りてコンコースを走って乗り換えの埼京線にかろうじて間に合いました。長距離ではありませんでしたが「走れた!」と思いました。走ろうと思えばこれまでも走れたのかもしれませんが、(痛みを出したり、せっかく良くなったのに逆戻りするのが)怖くて走れませんでした。杖なしになったというのと同様に「走れるぐらい良くなった」というのも一つのバロメーターになるのだろうと思います。

一昨日、一泊で今年二回目の下田乗馬に行ってきました。日曜日に行くのは初めてで、いつもはガラガラの踊り子の自由席もほぼ満席。東京駅始発の踊り子は、浦和から行く列車の同じホームの反対側。荷物を転がしての移動がほとんどないので助かります。乗馬クラブに向かう途中にある菜の花畑、1月の初めに行った時に綺麗だったのが、さらに黄色が濃くなって見ごたえありました。来月はその菜の花畑で抽選で一組だけの結婚式がおこなわれるそうです。私の乗馬クラブのお馬さんが花嫁花婿を乗せて馬車で送迎するのだそうです。「you-tubeの動画で見ました。」と申し上げたら「動画で馬車の部分はカットされちゃうことが多いのよ。」とのことで、確かに沢山ある菜の花結婚式の中で馬車の場面を取り上げたのは少ないです。ご紹介する動画では50秒のあたりにチラッと登場します。他にも前後に馬車が登場するのはあるのですが長いので、コンパクトな(化粧品会社のCMっぽい)動画をご紹介しておきます。どのお馬さんでも馬車を牽けるわけじゃなくてチェリーちゃんという子だけがトコトコ馬車を牽けるのだそうです。

今回、1日目は雨がぱらついている感じで「騎乗でもグランドワークでも」ということで、せっかく買ったトランポリンを使っていないので、トランポリンを乗馬に活かしたいということでグランドワークの指導を受けました。トランポリンの前に立ち方の指導を受けました。「体の歪みをとるのに、こういう指導を受けたかったのよね。」と思うような内容でした。(股関節症ではなくても)体の歪みがある人たちの乗馬姿勢を直すうちに歪みが取れる人が多いのだそうです。<ゆがんだ体>は使い方(癖)によってそうなるのに、「自分の体はこういうもの」と思い込んでいる人が多いというような話でした。癖に気がついて修正すれば歪みもとれていくようなことです。私の場合には脚長差があるという意識があって健脚の左足を曲げて患足の右足を突っ張る癖が馬のアブミを踏むときに出ることをこれまでも繰り返し指摘されております。

「歩く時もこうやって右足を突っ張って歩いていますよね」と私の歩容をそっくりそのまま再現(上手!)してくださいました。馬の手入れをするときに(脚のプロテクターつけたりはずしたり。お馬さんを拭くのにバケツでタオルをすすいだり)しゃがむような姿勢が多いのだけれど、そのときも私は右足を曲げないような姿勢なので、そういうときに意識して右足を曲げるようにしていくと柔軟性が出てくるはずということを「医療の専門家ではないので、なんの動作をしても問題ないということが前提だけれど」と慎重なアドバイスをしてくださるのも有難いです。ここまで面倒見の良い乗馬クラブは他に無いだろうと思います。

次回は乗馬クラブで毎月あるフェルデンクライスの個人セッションの予約を入れてあります。フェルデンクライスはストレスマネジメントのワークショップで一度受けたことがあるのですが、当時は「気の短い私にはゆっくりなテンポの指導はついていけません〜。」みたいなことでしたが、今になってみると、このせかせかした性分には必要なことだったのではないかと思い始めたりもしております。

宿は弓ヶ浜に面した国民休暇村で、行くと、いつも砂浜で裸足になってアーシングをしています。グランドワークの指導での立ち方の最初に「裸足で砂の上にたっているイメージで」と言われて「毎回、こちらに来るとそれをしています!」と申し上げました。

今回は満月前夜で月明かりがあって満天の星空は無理でしたが、まだ明るい夕方の天頂付近に「一番星み〜つけた。」と火星を見つけることができて嬉しかったです。

|

« 本年もどうぞよろしく! | トップページ | 京都に行ってきました/腸が主人公  »