« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月の3件の記事

2021年9月24日 (金)

生き生き100歳体操

さいたま市で<生き生き100歳体操>というのが始まっていることを最近知りました。ネットで調べてみたらあちらこちらの自治体でしていて、始まりは高知とのこと。矢野先生が提唱なさっていた<100歳までウオーキング>に通じるものがありますよね。100歳まで生きられるかどうかはわかりませんけれど筋力を維持して<最期まで自分のことは自分でできる>ようでありたいと願っています。富士温泉病院に通っていた頃、近くの公園に車椅子で紅葉を観に来られていた高齢者施設の団体にお会いしたときに思ったこと。「老後は車椅子になってお世話して欲しい」と思ってそうなるわけではないだろうけれど、何も考えずに漫然と暮らしているとそうなってしまうのではないだろうか?」私たちは股関節症になったことで老後のリハーサル(?)みたいなことができて、本番の老後にはちゃんと歩けるのではないのかしら。生き生き100歳体操

最近図書館から老後にむけての(?)体力作りの本を借りて眺めてみているのですが、だいたいどの本も同じような体操が出ていて目新しいものはなさそう。要は続けることなのでしょうね。<60歳からはじめる つまづく転ぶで寝たきりにならない体幹筋づくり/1日10分健康法>という長いタイトルの本を昨日図書館から借りてきました。面白いと思ったのは仰向けカエル泳ぎというのとうつ伏せでお腹に座布団をいれてうつ伏せでカエル泳ぎ、要は平泳ぎのようなことを1.2分続けるというもの。平泳ぎは股関節症には良くないと聞いたことがあるので、私たちには合わないのかもしれませんが、健常者が股関節を動かすのには良さそう。

上記の<生き生き100歳体操>で椅子に座っての足上げで足に錘を巻くというのが紹介されていて、「もう物は増やさない」と思っていたのだけれど500グラムづつ両足に巻くようなのを買って昨日届いたところ。足を上げるだけだとヒョイと軽くできてしまってなんだか張り合いがないのだけれどコレを巻くことで「筋トレするぞ」という意気込みになりそうで。それに股関節症の始めにはヒョイと軽くできてバカにしていたような体操が後にはハードになってしまったことがあるのでおろそかにしないように。100歳体操は私から見ると体操そのものよりも地域の人たちが集まって体操することで社交の場になったり刺激があるのが良いのではないかしらね。デイサービスにいくほどではないけれど‥という年齢層の人たちに良さそう。

最近「健康は尾骨が9割」という本を読んでショックだったことは、<座る時間が長いことを運動することでカバーできない>ということ。「2012年シドニー大学で22万人3年間の調査報告として1日合計11時間以上座っている人はどれだけ運動をしていようがいまいが3年以内に死亡するリスクが40%高かった」というもの。こういうのは数字のマジックで例えば22万人のうちの交通事故の人もいたかもしれないし死者が10人と14人なのかもしれないし頭から信じるものでもないでしょうが、例え話として「毎日野菜をいっぱい食べていてもタバコをやめられなかったら。」みたいなことで「いくら定期的に運動をしても座ることを控えなければ体は不健康になってしまう」ということ。

私が座っている時間が長いことは前にも書きましたが三輪車乗ったり体操したりすることで<血流を良くする>ということならカバーできるような気がしていました。でもこの本では尾骨からの考え方で座っていると座り続けることは尾骨に良くないというようなことなので、その観点からはfitbitが「1時間に250歩以上歩くように」というのを警告してくれるのは良さそうと思いました。夕食後は録画しておいた番組見たりNetflix見たりで、ことに動かなくなっています。

明日のアド街ック天国で<さいたまの美味しいもの>を取り上げるとお友達が教えてくださったので録画するところ。

 

|

2021年9月15日 (水)

新車が届きました

新車の契約をしたのがいつだったか忘れてしまうぐらい前のこと。コロナ禍で半導体などの工場が閉鎖になってどの車も仕上がりが遅れているようです。安全装置が色々ついている車は高齢者には補助金がいただけるのですが、予算がある限りなのでそろそろおしまいになるとのこと。なんとか間に合いそう。装置もですが、今度の車は「この先、一時停止です。」と呼びかけてくれます。以前、一時停止の標識見落として違反切符切られたことがある私には良さそう。うっとおしいと思う人も多いでしょうし、頼りすぎて標識を見なくなってもいけないと思いますが。

前の車も大好きだったのでお別れは悲しかったです。新車を引き取りに行くのに乗って行って、帰りは駐車場に置いてきたのですが、<置いてきぼり>にするみたいで後ろ髪引かれる思いでした。前に書いたかと思うのですが、見通しの悪い踏切でちょっと車を前に出して安全確認していたら警報が鳴って遮断機が降りてきて車に大きな傷をつけてしまいました。あと5年は乗りたいと思うので修理するかどうか迷った末に来年3回目の車検ですし買い換えることに。今度の車はバックモニターだけでなく左斜め前の死角になるようなところも画像で確認できたり、車線変更しようとしたときに並走する車がいて無理なときはサイドミラーの側面に警告ランプがついたりするので「これから先の安全運転を考えたら買い換えて正解」と自分に言い聞かせています。高速走っていて車線変更しようと思って念のため横をチラッと見たらバックミラーとサイドミラーに映らない位置に並走する車がいてヒヤリとした経験が一度だけですがあるのです。今度の車はスバルのXV。テレビのコマーシャルなどで映ったら「あ、これね。」と見ていただけたら嬉しいです。

1ヶ月点検までに少しは距離を走っておいた方が良いこともあって斎藤ホテルに予約いれました。斎藤ホテルに泊まったことがある人に送られてくる<斎藤ホテルたより>というので10月に高瀬渓谷の紅葉をみるツアーがあったので問い合わせてみたらすでに満席。30名のところキャンセル待ちが3組(6名)いるのだそうです。高瀬渓谷はマイカーは入れなくて途中から特定のタクシーでしか行けないのだとか。春の桜のツアーでは2人しか申込者がいないのにマイクロバスだして白馬方面に連れて行ってくださったのでしたから、今回の紅葉ツアーに30名集まったなんてすごいと思います。斎藤ホテル応援しているので喜ばしいことだと思いながら「キャンセルがあって参加できたらいいなぁ」と思っています。ダメだったら前回のツアーで教えていただいて大ファンになった大雪渓という日本酒の蔵や安曇野を1人で回ってくる予定です。来年、高瀬渓谷の紅葉の案内があったら即申し込まなくちゃ。

これまで通っていたスポーツジム、トラブルがあって「ほとぼりさます意味で来月ジムのリフォームが終わるまで」ということでお休みしておりますが、休んでしまうと行く気が失せてきてしまって、回数券の残り3回行って、しばらくお休みしようと思い始めました。これまで教えていただいたことはとても良かったと思いますが、毎回違う運動をして「ジムですれば良いので覚える必要はないです。覚えて家でするのは自分が印象に残った二つ三つで。」と言われてきましたが、性分なのかどうもそれが落ち着かないのです。背中はだいぶ柔らかくなってきました。ラジオ体操していても「肩甲骨の動きが変わってきた」と思います。「背中をやわらかく」はいつから取り組んだことだったか自分でブログを読み返してみようと思っているところです。(追記:6月中旬でした)

YOU-TUBEで人気のスポーツジムは予約でいっぱいで空きがでたら連絡をくださるということですが一週間たっても連絡いただけません。姿勢診断のようなものだけ受けたいと思っていて、そこにトレーニングに通うというようなことまでは考えておりません。ご縁があれば‥ぐらいのことで流れに任せようと思います。

|

2021年9月 7日 (火)

座っていることが多くて

12日までの緊急事態宣言の延長が検討されています。テレビをあまり見ないので世間の情報に遅れないように<新情報7デイズ ニュースキャスター>という一週間の出来事をまとめた番組を見ています。その中で高齢者の方々が輪投大会のお集まり、自粛期間週でも集まったりお出かけしたりしている様子が放映されていました。代表の方が「出歩かなくなることで体を動かさなくなり寝たきりになったり認知症になったりすることの方がコロナより怖い。」と言われていました。もちろん細心の注意を払って検温したり消毒したりなさって。<不要不急>というけれど、何が<要>かは人によって違うのだと思いました。

緊急事態宣言で私もお出かけしなくなったと思います。先日、企画展(ボイス+パレルモ)が5日で終わりになる北浦和の県立近代美術館に出先の銀行近くのホテル前からタクシーででかけて(駅に戻るよりそこからの方が美術館に近い)帰りに北浦和駅から電車で帰ってきたのですが「JRに乗るのは下田乗馬に行って以来2ヶ月ぶり」と思いました。タクシーの運転手さんの話だと、ホテルの宴会帰りの人たちは接待のタクシー券で遠くまで帰るけれど、そういう宴会もなくなったので長距離のお客さんもいなくなってしまったそうです。お酒を出さないということになるとそういう所にまで影響があるのですね。久しぶりに美術館内や周りの公園を歩いたりしただけで歩き疲れてしまった感じで体力の衰えを感じました。お買い物もまとめ買いをするようになっておりますし、何しろ座っている時間ばかりが長くなっています。展覧会もそれほど関心が高かったわけではないのですが「近場で気分転換になるかしら」と思って出かけてきました。

話とびます。顔の筋肉を動かすことも大事ということを前に書きましたが、YOU-TUBEにそれに関連するようなことがあったのでご紹介しておきますね。ほうれい線と股関節の意外な関係

昨年の夏から隔週で通ってきたスポーツジム、1時間6600円から7700円に値上がりになりました。コロナで会員どうしが接触しないようにするのに時間を空けたりしたからなのだとか。そういえば以前は前後の人と入り口付近ですれ違って「こんにちわ。」みたいなことがあったのが誰にも会わなくなりました。本当はきょうの午前中に予約を入れてあったのですが、ちょっとしたトラブルがあって、しばらくお休みすることにしました。ちょうど今ジムはリフォーム工事中でもあるのでほとぼりをさまして工事終了予定の10月末ぐらいに行くことにしてあります。でもそのトラブルのことで気持ちが萎えてしまっています。ちょっとしたことでこんな風に気持ちって冷めるというのか萎えるものなのですね。

そんなとき、you-tubeで登録者15.3万人もいる姿勢改善の理学療法士さんが浦和近くで開業していることを知りました。川口ということですが<もより駅>は南浦和で今通っているスポーツジムの近くなのでした。9月30日まで初回半額というのがあるので、行ってみようかと思ったところです。you-tubeに動画だしている整体師さたちたくさんいますけれど「こんな近いのなら一度様子見に行ってみても良いかもしれない。」と思った次第。

 

|

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »