« 石井桃子さんのことほか | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2021年12月25日 (土)

股関節症の保存療法、矢野先生の自己管理の方法が多くの人に伝わりますように!

久しぶりに股関節に痛みを出しました。<歩数と痛みのチェック表>をつけなくなっているので、いつ以来の痛みなのかわからなくなっています。歩数計で測ってきっちり正確な歩数を記録するまでのことはないけれど、<矢野先生お勧めの自己管理>を信条として股関節症とむきあっていくなら、やはり何らかの記録は必要になるのだと思ったところです。

今回の痛みは、<冷え>と<体重の増加>と<心のよりどころとしていた富士温泉病院が変わりつつあるらしい>ということのようです。富士温泉病院のリハビリに通い始めて痛みが解消してから痛みがぶり返したのは、1度目は「東日本大震災のあと」2度目が「愛犬の死」でどちらも矢野先生から「股関節が悪化しているわけではない。心の悼みが痛みとして出ている」と言われたことを思い出します。心の問題って大きいみたい。「富士温泉病を院卒業した」と書きましたが、股関節症はRDC(急速破壊型股関節症)というのもあるので、銀サロの宮川先生に矢野先生が亡くなられた後のことを相談した時にも「万が一を考えて、繋がりは持っておいた方が良いと思います。」と言われたのでした。富士温泉病院で一度診ていただいた三上先生には「もし具合が悪くなったらいつでもいらっしゃい。」と言っていただいておりました。卒業したとはいっても、<何かあったら頼れる駆け込み寺>のような気持ちがどこかにありました。それが最近「温泉病院の外来の理学療法が2月半頃から無くなるらしい。」と聞いて衝撃をうけた上に、三上先生も後任が決まったら引退なさるというお話を温泉病院に行かれた方から聞いて、矢野先生のカラーがどんどん薄れていくようで心もとなく、とても悲しく思ったことも痛みに繋がったような気がしています。

太ってしまったのは、前に書いた最近亡くなった友達が別人のように痩せてしまったのを目の当たりにして「痩せたいと思うのはやめよう。健康だからこそ食べたものを吸収できているのだ」と体重を測るのをやめてしまったこと。それに加えて、お歳暮であちらこちらから美味しそうなお菓子を頂戴して賞味期限を見ながらせっせと食べていたことも反省しています。電車の吊り広告で見た<ねじることで痩せる>ような本を図書館で予約してみたら市内に2冊しかないのに予約順番200人を超えていました。予約したことを忘れた頃に順番がきそう。

原因がわかればその対策、<冷え対策>ハクキンカイロで温め、寝る時には湯たんぽ、<体重の増加>you-tubeで体重を落とすのに良さそうな体操をみつけて取り入れ、間食は極力控えるように。温泉病院問題は矢野先生が二冊目の本を出されたと聞いていたけれど「もう痛みもなくなったことだし」と買わずにいたのをAmazonで本日購入。股関節特集に矢野先生が文章をのせている本もkindleで購入したところです。矢野先生のその二冊目の本のレビユーに以下のようなものがありました。矢野先生に直に会うことがなくてもこんなふうに回復なさる人がいるということ、もっと多くの人に知ってほしいです。これからも股関節症と診断される人は日々新たにいることでしょうから、その人たちに矢野先生の<自己管理>という方法が届きますように!!

突然、股関節に激痛が走り、治療しながらも階段の上り下りは困難を極め、50代前半にして初めて自分用に杖を購入しました。激痛は突然でしたが、疼痛は数年前からずっと気になってた続いていました。診断名は「進行性変形股関節症」インターネットで検索すると、ネガティブな内容に目がいってしまい、本書を手に取りました。すると、必ずしも人工股関節にせずとも、運動と減量、食事など生活パターンを変えることで、保存療法が可能であることがわかりました。枕もとに置いて日々実践して、杖を使わない生活が戻りました。良書との出会いに感謝します。」

ブログに矢野先生の自己管理について書くのは、以前から読んでくださっている人にはしつこい繰り返しになるかと思いますが、診断されたばかりの人向けに情報発信していくのが私たち矢野先生にお世話になった患者の使命のように思います。クリスマスのせいか、イエス様の教えを伝えた使徒のような(恐れ多いことでははありますが、教えを次の人たちに伝えていくという意味合いで)気持ちになっちゃったりもいたします

 

|

« 石井桃子さんのことほか | トップページ | 今年もよろしくお願いします »