« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月の3件の記事

2022年1月19日 (水)

階段は上がるより降りる方が筋肉もつくし骨も丈夫になる

本日のタイトル、図書館から借りている「ラクなのに効果的/筋トレ革命/エキセントリックトレーニングの教科書」という本で紹介されている内容です。主人に話したら「以前、ガッテンでも同じことを放映していたよ。」と申しておりました。私の職場(というほどの場所でもありませんが)は隣にある7階建のビルの3階で週に2、3度出向くのですが、3階に行く時に7階までエレベーターで上がって3階まで降りることにしました。用がない日も(時間を決めた方がよいだろうと)昼食の準備をする前に7階から降りてくることにしました。まだ始めて4日目です。お買い物も地下の食料品売り場には階段を使って降りることにしました。買い物終えて食品を持ち帰る時にはエスカレーターなわけですから無理なく続けられそうです。

上記の本は章が細かく分かれていて読みやすく、章の見出しだけ眺めても「筋肉を養えば健康寿命が延びる。最適のメソッドはエキセントリック」「12週間の階段下でサルコペニアのリスクが減る」若い時には筋肉を合成するホルモンの働きが活発だから良いけれど、歳をとるとホルモンの働きが低下、それに不活発だったりすると分解される量が筋肉を合成する量より大幅に増えるらしいです。繰り返し「階段歩行研究」のことが書かれているので関心のある方は実際に本を読んでいただけたらと思います。78ページに6階から1階まで階段で降りてくる運動を12週間おこなったグループは平均で骨密度が7.8パーセントアップしたという数値が出ています。筋肉にも骨にも良いならタダですし、やらない手はありません。

股関節症になったばかりのころ、足が痛くて歩かなかったせいで足の筋肉が萎えてしまって、お風呂で両足伸ばすと良い方の左足が大人の脚の太さとすると右足は中学生の脚みたいに差がありました。(最近の中学生は大人みたいですが自分が中学生の頃)それがふくらはぎはまだ差がありますが太ももはほぼ左右そろってきています。お灸の先生に「この辺に(腿の周囲)筋肉がだいぶついてきたね。」とここ数年言われるようになり、先日も「この脚なら今年もいろいろ楽しく過ごせますよ」と言っていただきました。自分で触っても以前はフニャッとしていたのがしっかり張りがでてきたのがわかります。

トレーニングジムでのトレーニングはやめて、ときどきほぐしていただきにだけ行くことにしています。そのトレーナーに筋肉がついてきたことを話したら「筋肉はメンタルな面が大きく左右する」と言われました。ストレスがあるとタンパク質がそちらに使われてしまうのだったかしら?ごめんなさい、理論は覚えてこなかったんです。トレーニングジムをなさっているのでいろいろな会員さんのトレーニングをしているわけだけれど、同じトレーニングをしても筋肉が伴ってこない人もいて、それがストレスを抱えている人に多いのだそうです。それでカウンセリングもなさっているのだそうです。

メンタルヘルスケアには厚生省も力をいれているのですね。最近、世間を騒がせているような事件を起こす人たちも<心から話せる相談相手がいたら、もしかしたら違っていたのではないか>と思ったりいたします。マインドフルネスが流行り。図書館から何冊か借りてきた本の中に「たった一呼吸から幸せになるマインドフルネス」があります。順番がまわってくるまで時間がかかっているので「この本どこで知ったのだったろう?」と忘れてしまっておりますが、本の一番最後の翻訳者の言葉のあとに監訳者後書きとして「木蔵シャフェ君子さん」の文章が寄せられていてびっくり。翻訳物だと最初に「どんなきっかけで、どんな思いで翻訳なさったのだろう?」と巻末の翻訳者のところから読む習慣があるんです。

この木蔵さん、矢野先生の100歳までウオーキングの最初の講演会が両国であったときに矢野先生の講演と並んで講演なさった方なのです。かなり前のことで記憶がさだかではないのですが、当時は米国在住で人工関節主流の米国にいながら「日本の松本先生のブログやラベンダー(さん)のブログで保存療法があることを知った」と話されたのだとか。講演会を聴きに行かれた銀サロの宮川先生から「『ラベンダーさんのブログ』と周囲の人たちがささやきあったりしていましたよ。」とお聞きして嬉しかったことを思い出します。その後、矢野先生の保存療法で改善したということで木蔵さんと私が同じ健康雑誌に体験談が載ったことがありました。木蔵さんは著者から直接この本の監修者として指名されたのだそうです。木蔵さん、その後も保存療法でのりきっておいでなのかしら?

 

 

 

|

2022年1月 9日 (日)

朝までぐっすり

夜中に3回も目が覚めるようになったのはいつからだったのか、記録しておかないとわからなくなるものですね。一年に3回ぐらい夜中に何度もトイレに起きることがあって、そんな時は翌朝体重が減っており「むくみがとれたみたい?体の中の余計な水分がぬけたのかしら。」と思ったりしておりました。夜中に起きてもすぐまた眠れるので「不眠」と自分で思っていたわけではないのですが、ネットの何かのサイトで「不眠相談に来る人に1日に何杯コーヒーを飲むか尋ねる」と書いてあるのを読んでから、カフェインの入っている紅茶、コーヒー、緑茶は3時以降には飲むのをやめてルイボステイーに変えたことで<朝まで一度も起きずに眠れるようになった>と以前書いたと思います。

それが今度はトイレに起きるわけではなく夜中に目が覚めて眠れなくなることが何度かあって起き出して本を読んだりしておりました。「ルイボステイーにしていることは同じなのにどうしてだろう?」と思っていたのですが、どうも<冷え>のようです。寝る前にお風呂にゆったりつかって温まっているので「湯たんぽは面倒だから無し」という日に目が覚めることに気がつきました。ちなみに部屋の暖房は乾燥するのが嫌でしておりません。お風呂で十分温まった日にも湯たんぽを入れてみたら、朝までぐっすり眠れるようになりました。寒くて目が冷めるわけではないけれど以前1日2回朝も体を温めるためにお風呂に入っていた頃に「これだけ体って冷えている」と思ったことを思い出しました。湯たんぽは足先ではなくてお尻のやや下の辺りにいれています。斑目先生の冷え取り湯たんぽを買ったりしたこともあったのでした。コチラ

寝る前のパソコンやスマホのブルーライトも睡眠を妨げるということで10時頃にはパソコンを閉じるようにしていたのでしたが、いつのまにかまたズルズルと寝る直前までラインを見たりするようになっていたのも反省。パソコンにはブルーライトをおさえるf.luxというのをお友達に教えていただいて入れていますし、メガネももちろんブルーライトカット。でも100%というわけではなさそうですものね。

体重を減らすのにも良い睡眠が大事といいますものね。睡眠とダイエットで検索するとたくさんヒットします。たとえば睡眠ダイエット 「質の良い眠りを」と思います。鬱になったお友達に勧めたのは「その日あった良いことのベスト3を思い出してみること」良かったこと10となるとけっこう大変だけれどベスト3だとアレかコレかといろいろ思い浮かんで良さそうな気がします。ちなみに昨日嬉しかったことは主人がサントリーの山崎樽仕込みの梅酒を見つけて買ってきてくれたこと。炭酸水で割ることを推奨しているのでカルシウムたっぷりのゲロルシュタイナーで割って美味しくいただきました。

Img_1938

|

2022年1月 3日 (月)

今年もよろしくお願いします

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

100歳までウオーキングの事務局からの封書が届いて、春にコロナが落ち着いていたら<富士温泉病院のローズガーデンでのウオーキングと近くのホテルで矢野先生を偲ぶ会を開催したい>とのこと。富士温泉病院は今では私にとって<両親の居なくなった実家>のようです。「ローズガーデンでの催しがあったらまた行けるのだけれど。」と思っていたところでしたので嬉しくなりました。オミクロンの先行きがよめませんけれど可能な限り参加したいと思っています。<100歳まで>のホームページを見たら、私の担当だった理学療法士のK先生がスタッフとして在籍されているので、またお会いできるならとても心強い気がしています。前のブログに銀サロの宮川先生に相談したことを書きましたが、最初からの私の状態を把握してくださっている今では貴重な存在なので年に一度のペースになってしまっていますが会いに行っているような感じです。

矢野先生の二冊目の本は127ページ(最初の本は199ページ)と薄めですが、活字も大きく親しみやすい印象。前の本にも「痛みは心の状態と深く関わっています(63ページ)」とありますが、今度の本には「痛みには3つの種類がある」ということで、「傷の痛み/神経の痛み/心の痛み」があって変形性股関節症の場合には「それらが混在している痛みだといえる」と書かれています。(36ページ)私が前のブログに富士温泉病院という心の拠り所がなくなってしまったようで不安な気持ちから痛みを発症したこともその一つだと(自分では)思っています。PART2は「Dr.矢野の診療を公開!」となっていて矢野先生と患者さんの会話形式でリアルな情景が描かれており、矢野先生を身近に感じられて嬉しい気がします。その意味で二冊目のこの本を買ってよかったです。初めて矢野先生の本を買おうと迷っている人が「どちらか一冊だけを」というのでしたら二冊目の「ツラい痛みがラクになる!女性の変形性股関節症/PHP研究所」の方をお薦めしたいです。

朝のラジオ体操だけでは心もとないので、今年は日中に以前していた八段錦をすることにしました。乗馬の時に馬の背に鞍を乗せるのが大変な気がしてスポーツジムで聞いたら「下半身の支えと体の使い方」と言われて「確かに!」と思ったからでもあります。私より小柄な大学生の若い女性がいとも簡単に鞍を馬の背にのせて「ちょっとしたコツ。慣れ。」と言っていました。乗馬を始めたばかりの頃には鞍を持ち運ぶこともかなり大変だったので、それができるようになっているだけでも進歩だとは思うのですが‥。八段錦には騎馬姿勢をとるのもあります。以前八段錦をしていた頃には動きが中途半端だったと今にして思います。きちんと所作をすると肩甲骨も動かすし、腹筋背筋もつかってなかなか良さそう。

東京都の感染者が100人超えるのは10月8日以来とか。徐々に増えてきていますね。皆が「増えるだろう」と思って報道を見ているのだからそれこそ引き寄せてしまいそう‥。

 

 

|

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »