« 近況(タイトルのつけようがなくて) | トップページ | 広告ブロックのことなど »

2022年2月25日 (金)

オレンジカードはまだ使えるそうです

きょうはこれからお友達とメトロポリタン美術館展に行ってきます。障害者手帳を持っていると本人と付き添い一名はは無料、施設によって無料ではなく割引の所もありますが、今回の展覧会の入場料2100円が無料になるのは大きいです。それに加えて通常は予約制なのが手帳を持っていると予約しなくて良いのも有り難いです。雪が降ったり体調がイマイチだったりしたら繰延できますから。「こういう展覧会は終了期日がせまると混んでくるので早く行った方が良いだろう。」という友達の意見で(なんといっても付き添っていただく身ですから)きょうになりました。最初は来月にしようと候補日をあげたら彼女が3回目のワクチン接種の後で副反応が出るかもしれないからとのこと。メトロポリタン美術館展

テレホンカードを買取業者に出そうと確認していたら、中にサイズも見た目も似ている地下鉄のカードとオレンジカードが混じっていました。どちらも図柄が気に入って購入したものでした。地下鉄の方は2018年だったかしら?ぐらいに使えなくなるというアナウンスがかなり前にあったようで使用できなくなっていました。オレンジカードは駅の切符販売機で金額を押したあとにカードを入れるとまだ使えることを知りました。今はスイカを使っているので切符を買うのは何年振りかです。今のうちに使ってしまわないとこれもいずれ使えなくなるでしょうから。コロナ禍で電車にものらなくなりましたしね。

前のブログに書いた「うま○こと老いる生き方」は、聴き放題のaudibleで聴いてみましたが、対談で92歳の精神科医役の人がいかにもお婆さんという(役者さんが演じているとわかる)しわがれ声で、「矍鑠/カクシャクとなさった人たち(例えば篠田桃紅さん)はこういう話し方はなさらない」とまず思いました。内容がわかれば良いのだから綺麗な声で朗読してくださった方が‥こういうのも好みなのでしょうけれど。それに「不安がなくなる」というようなサブタイトルがついていたように思うのですが、かえって不安を煽られるような気がしました。主人が「本一冊読んだぐらいで不安が無くなるようなら誰も老いていくことを不安に思わないよ。」と言われちゃいました。たしかに〜。

|

« 近況(タイトルのつけようがなくて) | トップページ | 広告ブロックのことなど »