« コロナ禍での暮らしあれこれ | トップページ | オレンジカードはまだ使えるそうです »

2022年2月19日 (土)

近況(タイトルのつけようがなくて)

「今年は河津桜が見られない!」と感染者があまりに増えて諦めておりました。感染者がここのところ減少しているので、このまま減り続けることを期待して月末に乗馬に出かけてみることにしました。河津桜まつりは2月28日まで。私が行っている南伊豆はもう少し南ですからもう終わりかけているのかもしれませんが、ちょっとでも見られたらと思います。仙台の幼馴染の友達に「今年は一緒におでかけしたいわね。」と電話したら「今年は桜を見に行きたい。この先何回見られるか考えてしまう。」というようなことでした。ホントにそうですよね。

audibleの三ヶ月割引お試し期間中で、おすすめの本の紹介メールが来ます。「うまいこと老いる生き方」という本、どんなかしら?と図書館で予約したら市内の図書館に11冊あって私の順番は546番目、私ばかりでなく皆さん老後への関心が高いのですね。audibleで聞くと4時間強かかるようです。でも図書館で順番待つより聞いちゃった方が良さそうかしら。KINDLEにはAIによる<読み上げ>があることを知って試してみたのですが、audibleでプロによる巧みな朗読を聞いているのでAIだと読んでくれてはいるけれど味気なくて私にはダメそう。でも無償で読み上げてくれるのですから単純作業などしながらだと良いのかもしれません。耳読書みたいな本も多いようですものね。

KINDLEでもおすすめの本の紹介が来ます。私は矢野先生の執筆された文章が載っている健康雑誌を買ったことから<股関節>に関する本のお知らせもきていて、「まだこんなに股関節の本って出版されているのだわ。」と思うようです。YOUT-TUBEで見ても迷うぐらい多いですものね。私が股関節症になったばかりの頃は情報が少なくて探すの大変で、銀サロの松本先生のブログが光っていましたが、今は情報が多すぎてしまってどれが自分に合うのか探すのが逆に大変そうです。

老後の話に戻ります。先日、同窓会埼玉支部の地域の高齢者対象にしている<プチおしゃべり会>をZOOMでしたのですが、そのテーマが「高齢になってからの住まい」最近、高齢者用の住宅に移られたお二人のお話をうかがって、そのあとグループに分かれて、体験談を話したお二人を囲んでのおしゃべり会。参加者の最高齢者は90歳、甥御さんがzoomのお手伝いくださっての参加。コロナになる前は公民館で<おしゃべり会>をしていて私は<おやつ担当>で300円ぐらいでちょっとしたお茶菓子を用意していました。今は対面はとても無理。ZOOMという便利なものが使えるようになっていてありがたいです。

その同窓会ZOOMのホストのお手伝い(共同ホスト)をするべく、図書館でZOOMの本の予約を入れ、有料の講習会の申し込みもしたところです。zoomで2時間半の講習会を受けることになっていて、その資料があらかじめ送られてきているのですが49ページもあってけっこう大変そう。でも新しい世界が広がるようで楽しみにしています。前にお友達と一緒に某講座をうけようと彼女のスマホにZOOMを入れようとして音声がはいらなくて挫折したのですが、そういうトラブルについても懇切丁寧に解説してあって「これをあの時に知っていれば」と思ったりしました。

話またとびます。えこるの靴を愛用してきましたが、先日思いがけず底がパカっと外れるハプニングが。昨年、えこるの靴で底が剥がれたな話を友人から聞いたときには「靴って履かないと劣化するから。」と思っておりました。えこるじゃなくても、知人のご主人が久しく履いていなかった礼装用の靴が出先で底が外れた話を聞いたことがあったものですから。でも私の靴は二足を交互に履いてきたうちの一足。近々えこるに修理に持っていくところですがちょっとショックです。家の近くだったから良いですが、出先だったら困ったでしょうし、階段を降りている時などだったら危なかったとも思います。縫い合わせている糸が切れたというようなことではなくて、底の素材が経年劣化で亀裂がはいってたところから割れが広がったようです。時々チェックが必要と思いました。えこるの靴に限らず、靴はときどき磨きながらチェックが必要ですね。

Image

 

 

|

« コロナ禍での暮らしあれこれ | トップページ | オレンジカードはまだ使えるそうです »