« 機能性ヨーグルトの宅配 | トップページ | 仕切り直し »

2024年1月 5日 (金)

本年もどうぞよろしくお願いします。

今年は元旦から大地震、2日には飛行機事故と続いて、「新年あけましておめでとうございます。」というのが憚られて、「本年もよろしくお願いします。」というだけになっております。

年末に、以前紹介したかと思いますが、オペもなさるけれど保存療法を勧めている巽先生の「100歳まで歩ける足腰の作り方」という本を購入。サブタイトルは「セルフケアで足腰の痛みを根本から治す」となっています。100歳までというのが矢野先生の提唱されていたことと同じなのにも惹かれます。巽先生は膝がご専門で「100年足腰」という本も以前だされていますから重複することも多いのかとは思いますが「すり減った軟骨は再生しないはウソ」という心強い言葉もあります。代わりにできる繊維軟骨という言葉を初めて知りました。コチラの本

矢野先生亡き後、保存療法の患者さんたちはどうなさっているのだろうか?と思います。「どこかに保存療法に力をいれているところはないものだろうか?」と思ってネット上でみつけたのがフィジオセンター。

健康保険の関係で通常のリハビリは3ヶ月だったりしますが、こちらは自由診療なので制限はなさそう。「高い!」と思ったけれど、銀サロや銀サロから独立した銀座プラスもこれぐらいしていますものね。と書きながら「最近の価格を知らない。」と思って見に行ってみました。銀座プラスの歩行は60分4回で5万円になっていました。松本深圧院は初めての人が90分院長2万円、他のスタッフ16千円。私が銀サロに初めて行った頃には一万円だったように記憶しているのですが、先輩のさくらさんが毎週半年通ったときいて24万円!とびっくりしたことと、月に一回しか行かない私の2年分だわ!と思ったことを思い出します。

フィジオセンターの最初の歩行分析のようなものも良さそうですし、雰囲気もエステサロンのようでゆったりしていて良さそう。エンダ○ロジーは効果はなかったけれど、気持ち良い施術ではありますし、お高い回数券買っちゃってあるので使い切ってからフィジオセンターに行こうと考えているので春先になるかと思います。行ってきたらご報告しますね。私自身の為になるほかに、股関節症でそこに通っている人たちにも「手術しないでここまで来ている人がいる」というのも励ましになるかもしれないしと思ったりしています。私が行ってみたいと思っているのは、痛みはほとんどなくなっているので跛行を改善したいということがメインになります。痛みをとりのぞくのがメインだったりするのかもしれませんが‥。

|

« 機能性ヨーグルトの宅配 | トップページ | 仕切り直し »