« フィジオセンター 2回目 | トップページ | <動けるからだクラブ>に入りました »

2024年2月28日 (水)

呼吸法について

このブログに、<螺旋階段のよう>とどこかに書いた記憶があって、自分で検索してみたら(右に言葉を入れて検索できる欄があります)二度ほど書いていて、きょう書こうと思っていた呼吸についてもちょうど書いてありました。自分で「ふーむ」と思いながら他人のブログを読むような気持ちで読みました。要は螺旋階段をぐるりと周ると同じ景色を見ているわけだけれどちょっとだけ上に来ているという意味です。

最初に呼吸について指導を受けたのも、斎藤ホテルの吉川トレーナー(2007年頃?)でした。腹式呼吸と胸式呼吸の両方を3分ぐらいづつしたのだったかしら。グーグルなどでキーワードに<呼吸法>と入れるとたくさんの方法がでてきます。どの呼吸法でも<空気をたくさん取り込めたら良いのだから>と思います。

高齢になると呼吸も気づかないうちに浅くなってしまうそうです。深い呼吸のメリットを再確認。血液に酸素をたくさん取り込む、リラクゼーション、免疫力アップ、胃腸を働かせるなどがネット上で紹介されていました。座ってばかりいると血流が悪くなるのは当然ですから、有酸素運動をするというのも必要そうですよね。これもネット上の情報ですがフツウは7割しか呼吸を吐き出せていないらしいです。

机の目の前のボードに「一分間に10回、6.3秒が理想 一日に13680回 海の波に寄せては返す回数と同じ。丹田。」というメモが貼ってあります。これはどこで得た情報だったのだろうか?と思うとともにブログに書いて記録として残したのだから外そうと思います。

寝る時に横になってから膝をたてた状態で「腹式呼吸、胸式呼吸、お腹を凹ませたドローインの状態で10回、反対にお腹をふくらませた状態で10回呼吸」をしています。「いつから始めたのか?」と考えてみたらフィジオセンターで、お腹を凹ました状態で体操をするように言われたときから。寝る前に腹式呼吸をしてみることはあっても毎晩ではなかったですし、お腹を膨らませた状態でというのは、「スタンフォード式呼吸法」のような本を読んだ数年前ににちょっとだけしてみて、やりにくかったのと効果がそれほど感じられなかったのででやめちゃったのですが、今回ネットで検索してみたらナルホドと思うことが書いてあって。どのページだったかわからなくなっちゃったので別のページのリンクを貼りますが、納得したページにはペットボトルのような器の内側から外側に四方八方に圧力をかけたようなイラストがあったのでした。you-tubeなどでも紹介されているようですね。スタンフォード式呼吸法

ジェームスクリアーという人のAtomic habitという本があって、邦題では<複利で増えるひとつの習慣>というタイトルがついているようです。メルマガをとっていた時期だったと思うのですが、Action Chekilistとプリントが引き出しの奥から出てきました。その中に「日頃必ずすることと紐付けをする」というのがあります。例えば<歯を磨いた後に>とか<朝食後に楽器練習>みたいなことです。「呼吸法を一日5分する」みたいに決めても、あっというまに一日終わっちゃいますから<寝る時に横になったら>というのに紐付けしてみた次第。よく眠れるような気もしますし、呼吸法は寝る時に必ずする他に、昼間も思いついたらしてみれば良いことですものね。

 

 

 

 

|

« フィジオセンター 2回目 | トップページ | <動けるからだクラブ>に入りました »