« <動けるからだクラブ>に入りました | トップページ | 宮古島から帰ってきました »

2024年3月 3日 (日)

お腹周りスッキリできそうな予感

<動けるからだクラブ>に入ると、過去の動画50以上見られますという言葉どおり、90分の動画がたくさんあって、どのタイトルも魅力的。毎月4回の配信を見るのに加えて、これらを全部見るのでは相当時間がかかりそう。コツがつかめれば、体の色々な箇所に応用できるようになるのかもしれません。

まだ三日間しかしていないのですが、感激してブログを書きたくなったのは、これまでドローイン(お腹引っ込め)をしながら「こんなんで本当にお腹引っ込むの?」と思っていたのでしたが、私はちゃんとしたドローインができていなかったんです。「これじゃ意味ないよね」と気がついたことだけでも入会して良かったと思います。

「ドローインとは、腹横筋などのお腹のインナーマッスルを呼吸で鍛える体幹トレーニングです。息をしっかり吐くことでベルトや帯のようにウエストまわりに巻かれている腹横筋を絞り、お腹を収縮させたままの状態でまた息を吐きます。極限まで腹横筋を引っ込めた状態で呼吸をすることで、さまざまな効果が得られます。」

腹横筋か腹斜筋かわからないけれど、いずれにせよ「ひっこめているつもり」が、私はそもそも筋肉を働かせてなかったんです。みっこさんの動画の説明でカマボコの例えがあってお腹に力を入れて硬くなるのが蒲鉾板、その上に脂肪が蒲鉾みたいにある。その蒲鉾板のところに刺激を与えることで筋膜が緩むようになるというような解説をしてくださってます。あ、こういうの書いちゃっていいのかなぁと思いますが、<動けるからだクラブ>の宣伝ということで。多分、公開なさっているyou-tubeやインスタなどのどこかでも紹介なさっていることだと思いますので。その体操を寝ながらするときに自分のお腹が見えるように頭を高く(枕など)して行うのですが、お腹が緩んでくると「こんなに私のお腹って動くの?」と驚くぐらい膨らんだり凹んだりするんです。お腹が動くようになると立っていても動かせるようになって、お腹引っ込めるときに力がシッカリ入るのがわかります。膨らますときにも恥骨の辺りまで膨らんでくるみたいな感じ。私としてはこれまでの<ドローインしているつもり>の倍以上はひっこめることができる感じです。これならドローインの効果期待できそう。

温泉病院の理学療法士さんが<ミルフィーユ状態>と例えてましたが、すべらなくちゃならない筋膜の重なった面がひっついちゃって動かなくなっちゃっていることに加えて、上にのっかっている脂肪も硬くて動きを邪魔していたような気がします。以前、ガッテンか何かの番組でそのひっついているところに塩水(だったかしら?)を入れて滑走するようにする動画が紹介されていたことがありました。浦和に筋膜整体があることを知って一昨年、昨年 2回づつ行きました。自分で筋膜リリースができるようになったら行かなくても良さそう。90分16000円もするのですが、予約取りにくいぐらい混んでました。「通わなくて良い」ことをキャッチコピーにしているからかもしれません。逆に考えると継続して通ってくる患者さんがいないのに、そんなに人気なのは口コミなのかもしれないと思います。「通わなくちゃ」の施術の方が多いですものね。

お腹周りをスッキリさせることができて深い呼吸もできるようになったら、いろいろと良い変化が期待できそう。

|

« <動けるからだクラブ>に入りました | トップページ | 宮古島から帰ってきました »