« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月の6件の記事

2024年4月24日 (水)

<動けるからだクラブ>せっせと見ています

<動けるからだクラブ>は木曜日にリアルタイムのZOOM90分があり、第四週の木曜日には30分ぐらいの特別動画があるので今月25日の特別動画を見たら解約する予定。9900円じゃなくて4.5千円だったら継続したと思います。内容は良いです。「どんどん内容を良くしていこうとしている意気込み」も素晴らしいです。最初の頃には時間配分が記録されていなかったのが90分の番組の内訳を細かく例えば<35分何秒から腹横筋の図><48分何秒からは前腿のストレッチ>みたいに表示してあるのも復習するときに便利だったり。視聴者コーナーをたくさん作って、「できたら丸を投稿するコーナー」や趣味の投稿欄などつくって視聴者同士の交流も深めて、秋には沖縄でオフ会をする予定でその時までにビフォアーアフターの写真を撮って皆で変化を喜び合いましょうみたいなことも。チャットで次々書き込まれている内容に素早く反応して、リアルの体操教室にも出ている人たちのハンドル名は覚えていて呼びかけていたり。

「出来ないのはアナタひとりじゃないから安心して」を繰り返し強調してくださるのも良いと思うし、ZOOMのチャットをこれだけ活かしているライブ配信も稀有だと思います。視聴者からのチャットが続々と書き込まれるのも「ひとりじゃない感/同じように悩んでいる人たちとこの時間を共有して皆と一緒に頑張っている」と思わせてくださるのもとても良いと思います。私がブログを始めたばかりの頃、読んでメールをくださる方と会うと「周囲に股関節症の人がいない。理解してもらえない。」と言う人が多かったです。「気持ちを分かち合える人がいない。」というのは心もとないですよね。当時、銀座で股関節専門に施術をしていた銀サロはサロンというネーミングでもわかるようにそんな人たちの輪を作りたいという趣旨もあって、先生のブログも活発でオフ会などもあって、それはそれで良かったと思います。

私はどういうわけか周囲に股関節症の人が多かったです。最初に股関節症の患者の<のぞみ会>を紹介してくださったのは、主人の職場の方で、主人の職場には二人股関節症の人がいました。私が股関節症になった20年近く前には、友達の義理のお姉さまが佐賀大で手術なさったばかりで佐賀大での手術を熱心に勧めてくださって、ちょっとその気になったこともありました。友達の学生時代の先輩で人工関節になさった方が函館にいて観光を兼ねてですが幼馴染のNちゃんとの旅行で函館に会いに行ったこともありました。その彼女が体験した手術が30年近く前になりますから禁忌動作も多く、何より「足が開かないのでバスに乗れなくなって40代で車の免許をとった」というのも衝撃でしたし(40代なんて今考えれば若いですが/苦笑)股関節を維持するために毎週のプール通い始め体験談をうかがって「私にはとても無理!」と思ったことをこのブログの最初の方に書いた記憶があります。

このブログは自分の記録でもあるので最近の話も書いておこうと思います。先週の水曜日は地元の同窓会行事の下見で我孫子に幹事4人で出かけてきました。そのうちのお一人がコロナ前に股関節の手術をなさった方で「もっと早くに手術すれば良かったと思う。」と話されていました。手術がうまく行った方達は同様のことを言われますよね。<手術すべきかどうか>を決断するまで悩みに悩む人が多いように思います。<日常生活に支障がない/痛みがない>この二つが判断の決めてになるのだと思います。私は股関節の調子が一番悪かった時にも自転車(現在は三輪車)に乗れたので折りたたみの杖をカゴに入れてでかけたり、杖をついていれば辛うじてですが遠出も大丈夫だったので、痛みが解消するまでリハビリを続けながら過ごせたと思います。富士温泉病院でのリハビリを何年続けた頃に痛みが解消したのだったかしら?一度解消しても東日本大震災、愛犬を亡くした時に痛みがぶりかえして「心情的なもの。股関節が悪化しているわけではない」と矢野先生に言われたのも心強かったです。「股関節の痛みにはなにしろ気持ちが大きいのだ」と、その時に思った次第。

我孫子に話戻ります。我孫子は以前は嘉納治五郎が手賀沼がみえる高台に住んだのを最初に、柳宗悦とその妻であり声楽家の柳兼子(嘉納治五郎の姪)が近くに住むようになったのを皮切りに白樺派の名士たちが次々と我孫子に住むようになって活動した時期があったのだそうです。白樺文学館の地下室にはサロン風の音楽室もあってそこで柳兼子の歌をcdで流していましたし、一階には兼子さんが使われたグランドピアノもあって毎日のように生演奏もしているようです。ピアノが置いてある部屋もとても素敵だったので演奏している時に聴いてみたかったです。駅から白樺文学館までの間に嘉納治五郎の住まいのあったところが公園のようになっているところ始めアップダウンのある道を散策したら、帰りには「ごめんなさい。私失礼して帰りはバスにします。」というぐらい疲れてしまいました。「下見の一環としてバス利用したことは良かった。高齢者の多い同窓会だから帰りはバス利用になるかもしれない。」と他の方は言ってくださいましたが、私自身は「日頃は不自由を感じないけれど、フツウの人たちと行動を共にできない自分はまだまだ股関節症の改善の余地がありそう。」と思いました。帰りには手賀沼公園の前から駅まではだらだらと坂道をあがらなくちゃで、バスに乗ったらバス停4つか5つあったようでした。折りたたみ杖を念のために持ってはいたのですが、その距離を杖なしで歩けたことを自信にすべきなのかもしれませんが。<どれぐらい歩くのかわからない時>には念のため今でも折りたたみ杖を持ち歩くようにしています。

その下見の時に、幹事を降りたいむね申告しました。その前の週に66歳の友人と友達のご主人82歳の告別式が続いて、自分に残された限られた時間を考えるようになったこと、本来ならきょう(24日)も同窓会行事があるのだけれど他の用と重なって欠席することが「幹事なのに」という罪悪感でストレスになることなどなど列挙して。白樺文学館ツアーを6月に予定していたら修理のため休館ということで、別の企画を急遽たてたのですが、それが終わったら幹事降りさせていただくことになりました。幹事6人でのグループラインなどもそれぞれが書き込むので多い時は数えてみたら30通ぐらいになっているので(話し合うような内容をラインでやりとりすると各自が発言しますからそうなりますよね)それも負担だったり。6月のその行事が終わったらそのグループラインも退会しようと思います。情報交換できていたそのラインを止めるとちょっと寂しくなるのかもしれません。

白樺文学館の現在、私たちが見てきた展示品などを、当日解説してくださった学芸員さんが解説している5分ぐらいのyou-tubeのサイト。コチラ

|

2024年4月22日 (月)

秋に本格的な骨密度検査を受けようと思います。

<動けるからだクラブ>は過去の動画も見られるとはいっても一ヶ月9900円はお高いので今月で辞める予定。お試しは6000円ぐらいだったので入会してみたら退会のタイミングを逃して二ヶ月目の課金されてしまいました。他のサブスクは退会しても次の課金の期限までは見られるところが多いですが(Netflixなども)<動けるからだクラブ>は退会すると同時に見られなくなるので、次の課金の直前に(忘れずに)退会しなくちゃです。それまで頑張って見られるだけ見ちゃおうと思うのですが、テーマ別に分かれている股関節/反り腰/肩など、どれも見たいものばかりで迷いながら選んで1.5倍速で見ています。you-tubeの<40代からの動けるからだちゃんねる>では無料で同じような内容の動画をたくさん見られます。有料サイトを離れても、主催しているみっこさんの元気な姿や声を見られるのは嬉しいです。でもあまりに動画が多くてどれを見ようかしら?と思います。

<動けるからだクラブ>での<足、指>の回の動画が、フィジオセンターで足指の運動を習ったのとシンクロしていて、とても良かったです。暖かくなったので家の中を素足で歩いていたら、足指の動きが以前と全然違っていることに気がつきました。「転ばないようになりたい。」と希望したからの指導だったのかもしれませんが、転ばないためには筋力以上にバランス感覚と共に足指が大事そう。足指について、雪うさぎさんが足の骨の図なども入れて丁寧に解説してくださっています。コチラ

転んでも骨折しないように、カルシウム摂取と<階段を降りる方が登るより筋肉も骨も丈夫になることが検証された>と以前このブログに書いてから、機会があれば駅でもどこでも階段を降りるようにしています。森永の宅配ヨーグルトを始めたのは、店頭での骨密度計測で低かったからということを書きました。その後、どうなったか気になっていることもあって近隣で骨密度検査を受けられるところを探していたら、さいたま市の検診ハガキを持っていけば保険で受けられそうな医院をみつけました。これまでの簡易的な検査と違って、転んで骨折することの多い大腿頸部、それに腰椎の骨密度を測れるというのが良さそう。思いつくとすぐ行動したくなるタイプですが、「待てよ。森永の骨が丈夫になりそうなカルシウムの多いヨーグルトを半年ぐらい飲んでから行ってみよう。踵落としなど骨に良さそうな体操も続けてみよう」と思いました。忘れなければですが、秋に検査に行ってみようと思います。以下、この機械のある浦和の加藤整形外科のサイトからのコピーペースト。

「GEヘルスケア社製の最新型骨密度検査装置を導入しています。介護予防に必要な左右の大腿骨頚部と腰椎の骨密度を測定します。
骨粗鬆症学会のガイドラインではDXAを用いることとされており、手の骨密度測定よりさらに信頼性の高い精密検査です。」

転ばないことが一番ですが、転んでも骨折しない丈夫な骨にしておきたいですから。

 

 

 

 

|

2024年4月16日 (火)

身体の声をきく

文章が長くなっちゃったので、同じ日に書いた日記ですが、二つに分けました。

前回フィジオセンターに行った時に「足の指の体操を続けて変化を何か感じますか?」と言われて「特に感じません。」と正直に答えたのですがそれからも続けてきて、ラジオ体操をするときに「足の指が立ち姿勢をキープするのに効いている」と気がつきました。靴を履いてしまうとそれほどではありませんが、家の中でもサンダル(えこるの補高したもの)を履いていないときは、歩く時にも足の指が作用している(表現が難しい)という気がしています。

このブログがきっかけで「フィジオセンターにご予約いただいた人が複数名おいでです」というお知らせを理学療法士の先生からラインで(動画など送ってくださっているので)お知らせいただき、嬉しくて何度も読み返してしまいました。(なんでもそうだと思いますが)<相性>というものもあるかとは思いますが、慢性痛の解消みたいなことを目指している場合、「信頼できる先生と出会えた」という安心感が大きいだけでも痛みの軽減につながるのではないかと思います。股関節症の人は、股関節症そのものをストレスに感じてしまう人が多いように思うので、そのストレスが痛みと少なからず影響しているように思われるからです。私自身は「股関節症は趣味の一つ」と言ってますし、そう思ってます。

私は、疑問や教えていただきたいテーマを自分から出すようにしています。痛みはほとんど改善しているので<歩容の改善>が大きなテーマではあるのですが、右半身が縮んでいるので伸ばしたいということや、前回は患足の右足を左足の上に組めないので組めるようにしたい。これは座るときにということではなくて、靴下を履くとか爪を切るとかいうときにそうできたら良さそうと思って。今は前屈して靴下履いたりしているのですが、やはり足が組めた方が便利。組めないということは左右差があるということでもあって。

次回は正座からの立ち上がりを診ていただく予定です。座卓などに手をついて立ち上がるのなら良いのですが、何もないと立ち上がりが不格好。足が良かった頃には、お茶のお手前など水指やらなにやら手に持ってスッと立ち座りしていたわけですが、「いったいどこの筋肉が萎えちゃって立てなくなってしまったのだろうか?」と思うので。赤ちゃんが立ち上がるみたいに四つん這いになってヨイショと立ち上がるのは情けない気がして。「正座ができるだけでも股関節症にしては有り難い。」と思っておりますが。これも(ラジオ体操の動作と同じことで、続けていなければできなくなりそう)ずっと正座をしてきたからできることですよね。アイロン掛けやお洗濯物たたむときも正座しています。「股関節症では負担をかけないために洋式の生活」をと本などでは言ってますが、アマノジャクの私は「使わない機能は衰えるはず。」と人には無責任に勧められませんが、自分の脚なので<自己責任>で正座つづけている次第。

自分の足なので、どんな名医にもわからない自分にしかわからないことってあるはずと思います。<自分だけの大事な大事な脚>なので。あ!体の他の部分が悲しむと可哀そうなので<自分だけの大事な大事な身体>なので<人任せにしないで>足だけじゃなくて、よーく体の声を聞くようにしていこうと思います。

 

|

念願のネモフィラ

前回書いたお友達とのおでかけは、ひたちなかの海浜公園のネモフィラ。二人とも晴れ女で浦和を出る時には晴れていたのに海浜公園に着いたら小雨模様。震えそうなぐらい寒かったです。家を出る時には春の陽気でしたから防寒の用意もなくて。広い会場を一周するトレインで周遊して9つ(臨時も含めて)ある停車場の<見晴らしの丘>というネモフィラが見えるところで降りて、持参のお弁当食べながら丘を見上げて、丘にちょっと登ってから再びトレインで戻って「寒すぎるからどこかで暖かいお茶でも」ということでそそくさと帰ってきました。昨日だったかしら、テレビのニュースで「海浜公園のネモフィラが見頃」と言ってました。どんなにか混むのでしょうね。

後になって思ったことに、寒くなかったら私は気分良く公園内を歩き回ってしまって彼女を疲れさせてしまっただろうということ。ネモフィラの丘から入り口まで歩こうとしたら彼女に「トレインで帰りたい。」と言われちゃったんです。それでも彼女は翌日疲れて横になっていたのだそう。往復運転した私はというと、翌日に夫の昼食の支度をして11時から友達のご主人の告別式に参列したのを始め、夜までフル活動でしたから、「股関節症のおかげで私はこんなに元気。」とあらためて思いました。

海浜公園のネモフィラは何年も前から行ってみたいと思いながら行けなかったので、ようやく行けて嬉しかったです。駐車場の広さにまず驚きました。600円の駐車料金は障害者は免除。「入口はどのあたり?」と聞かないとどこが入り口か見えません。駐車場の端から公園の入り口までだとバス停一つ分ぐらい歩きそうなぐらい遠そう。海浜公園そのものがデイズニーランドの7倍の広さだそうですし、駅から遠いですからそれぐらい駐車場も用意しておかなくちゃなのでしょうね、駐車場も三ヶ所あってそのうち二箇所がこの広さ。今回、西口駐車場を利用したのですが、駐車場沿いに桜が一列に咲いていて、駐車場を出ると折り返しまたその桜を見ながら帰ります。海浜公園に行くなら今の時期が桜もたのしめるし(まだ空いていて)良さそうと思いました。あの広い駐車場が満車になるぐらい混むってすごいことだと思います。

話変わります。前回お会いしたフルートの先生の奥様、30年ぐらい前に「毎日ラジオ体操をしている。ラジオ体操も結構運動になる。」と言われていたので「今も続けていますか?」とお聞きしたら、やめちゃっていて、今ではたまにしてみても体が硬くてできない動きがあるのだそうです。80歳目前の方ですからそれが当然のことなのかもしれません。私はラジオ体操続けてきて、逆に「以前はできなかった動きができるようになっている」と思います。股関節の具合が悪かった頃は、跳躍はできませんでしたし、左右に体重移動があるようなものはできませんでした。開脚して体をぐるっと回して片側の脚の前に体を倒す運動は、患足に体重がかけられなくてパスしてました。今は100%その動きができるわけではありませんが6割ぐらいの体重をかけられるようになってます。跳躍も片足跳び以外は大丈夫。雪うさぎさんが書かれているように「継続は力なり」。それに続けていれば急にできなくなるようなことは無いはずですものね。後ろそりなどは<つまぷる>でお腹をほぐしたらかなり伸びるようになりました。そういう変化がわかるのもラジオ体操の良いところだと思います。

 

 

 

|

2024年4月12日 (金)

手術なさった知人とのランチ

雪うさぎさんがブログを再開なさったという嬉しいお知らせ。ブログに一度区切りをつけたワケも書いてありました。私の周り、手術なさる人が多いので、保存療法のお仲間がいてくださるのは心強いです。

先日、<8月に両足人工関節になさった知人>にお会いしました。私が昔フルートを習っていた先生の奥様で、このブログに昨年杖をついて歩いていて手術なさったことを聞いて驚いたことを書いた人です、ランチのお約束をして久しぶりにお会いしたら綺麗に歩かれていて安心しました。ずっとリハビリに通われていたのが3月末で終わりになってしまい、介護認定を受けてみたら一番軽いのに該当することになって、同じ病院の別の場所でそちらのリハビリは期限なしで受けられることになったのだそうです。

大腿骨頭壊死との診断だったとのこと。「それでは手術もやむをえなかった。」と思いました。週2回、近くの体操教室に行かれていて週1回プールにも通われているのだそうです。体操教室は腕や足にオモリをつけてする体操で、ネットで調べてみたら「いきいき100歳体操」というもののようです。高知で始めたものが転倒予防やフレイルに効果があるとかで各地の自治体で行われているみたい。コロナ禍で集まっての体操ができなかった頃に<期間限定の動画>ということで公開されていました。いきいき100歳体操

先生の奥様が通われている体操教室は一時間の体操とのこと。一人ではとても一時間も体操していられないですものね。「Aさんも来てみたら」と言われて一度見学にだけ行ってみようかしらと思っています。自治体がしているのでカ○ブスやチョコザ○プなどのような会費が発生するわけではなさそう。ネットで見ていたら公園にある遊具を使っての運動を無償で自治体がしているのも見つけて「そちらの方が面白そう」と思ったりしています。一度参加すれば遊具をつかってセルフでの運動もできるようになるでしょうし、外の方が気持ちよさそう。

<転ばないように>ということは、フィジオセンターにリハビリに通っている理由として前回申し上げてきたことでした。今、時間とお金をかけても生涯転ばないでいられたら良いですものね。亡くなった義父は転んで大腿骨骨折して人工骨頭にしました。折れた大腿骨のレントゲン写真を見せられて「まぁ、こんなに綺麗な骨頭なのに勿体無い。」と私の<頭が平らに変化してきたような骨頭>を思い浮かべて思いました。せっかく大事に温存してきた股関節です。転んで人工関節にするようなことになりたくありません。

前回、フィジオセンターに行ってきた報告を書いておかなかったので、遅くなりましたが書き残しておこうと思います。二回目は間をおかずに指導を受けた体操が合っているかどうかのチェックに行き、三回目は一ヶ月間をおいてのリハビリでしたが、動画を撮っていただいて「初回より歩容が良くなっている」とのことで「このペースで(月一で)様子を見ましょう」ということになりました。運動も追加にならず4つのままです。対症療法だと3歩進んで3歩戻るようなことですが、ちょっとでも前進しているのが嬉しいです。

雪うさぎさんにも話したことですが、股関節症になった頃には「股関節の具合が悪いのだから疲労が溜まるのは当然。お風呂にはいって汚れをおとすように。疲れをとりのぞいていくことが必要」と思っていました。でもそれだと根本的な原因の解消にはなりません。前回より<ほんのちょっとでも改善>しているようであれば通う意味もあると思います。

話飛びますが、きょうはこれからお友達とおでかけなのですが、「近頃、気力体力が無くなってきて広いところを歩くのが心配」と彼女からのメール。考えてみたら私は「これまでの人生で一番調子が良い」ような気がしています。若い頃は脚は良かったし体力は今よりあったはずですが疲れやすかったです。都心におでかけして帰宅すると目の奥が痛くなってました(頭痛)。学生時代は目の前がチカチカしてくる貧血のようなもので保健室で寝かせてもらったことも度々ありました。そういうことを考えると、今は乗馬をしてお馬さんのお手入れ(車の洗車みたい)をして長時間列車にのって帰宅しても食事の支度はいつもどおりできるというのが不思議。若い頃は都内におでかけしたら疲れちゃって帰りにデパ地下で何か出来合いのものを買ってくるようなことでしたから。

これは「一病息災、股関節症のおかげに違いない!と思っております。股関節症のおかげで体調管理に気をつけてこの年齢まで来ることができて本当にありがたいです。

 

|

2024年4月 1日 (月)

災害時の伝言ダイヤル

伝言ダイヤル 171をご存知ですか。ご存知の方も多いかと思いますが念のためご紹介しておこうと思います。というのも「1日15日には練習できる」というので、私も練習したことがあったのですが「〇〇です。無事です」しか録音していなかったからです。使い方を紹介しているyou-tubeでもそうなっていますが、NHKのアナウンサーのサイトで30秒だと限られた情報量しか録音できないので「あ、い、た い よ」で録音すると良いということを紹介してくださっていたので、皆様と共有しておこうと思った次第。

あなたのお名前

いま、どこにいるか

だれと一緒か

痛いところはないか(怪我などの状況)

よこく(これからどうするか)

動画での使い方紹介

動画より目で見たい人 yahooの紹介ページ

これは自分たちの安否確認ができるだけではなく、被災した地域に電話が殺到して緊急電話が通じなくなるのを防ぐ意味もあるのだそうです。自分だけ録音しても伝えたい(安否を知りたい)家族や相手が使い方を知らないと意味ないので、連絡をとりたい親戚や友人も使いこなせないと意味ないです。171だけ覚えておけば、操作方法は音声で案内が流れるので、お互いの最低限の安否確認はできるかと思います。

たったいま練習してみたところ。パニックになっているとアナウンス(何は何番を押すみたいな)が聞き取れないかもしれないので、一度は練習しておくことをおすすめしたいです。1日15日ほか何日か練習できる日があります。今は災害webというのもあるようですが、そちらはまだ使ったことなくて。

 

|

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »