« ぶら下がり ほか | トップページ | 二年ぶりの斎藤ホテル »

2024年5月29日 (水)

フィジオセンター5回目

一昨日は月に一度のフィジオセンターでした。「何度目だったかしら?」と思ったのですが、2月に2回行ってから、以後月に一度になっているので5月は5回目ということでわかりやすくて良さそう。このままのペースでいくと12月に12回目になる予定。

東京駅南口から地下鉄三田線に乗るのに大手町駅まで歩いていたのですが、地図を見て「東京駅北口から二重橋前駅の方が近そう」と行ってみたら三田線はなくて、結局日比谷駅まで歩いちゃいました。事前に「日比谷公園を歩いてみるのも良さそう。」と思ってネットで公園の地図を見ていたら伊達政宗終焉の地が日比谷公園の東にありました。江戸屋敷で亡くなられたのですね。「政宗は最期に仙台に帰りたいと思ったりなさったのかなぁ」仙台出身の私は一度、その場所にも行ってみたい気がしています。

フィジオセンターでは理学療法士の先生を質問攻めみたいにしてしまうのですが、どの質問にも懇切丁寧に回答くださいます。5本指ソックス、前回褒めていただいた製品は足袋型になっており、代わりにグンゼのアーチサポートもついたようなソックスを今回見ていただいて<私にはOK>という見解をいただきました。<5本指ソックスの是非>や<アーチサポートは筋肉がサボっちゃうから勧めない>ような見解もネットにはあります。なにしろ情報過多で、<何が自分に合っているのか>を見極めるのが難しい時代になっていますよね。機能付きのソックスはいずれも2000円近くしているのにグンゼのは420円というお手頃価格もありがたいですし、他の五本指ソックスだと薄いのと脱いだ時に恥ずかしい気がして重ねばきしているのですが、グンゼは厚地なので重ねばき不要、外に行くのにも靴を脱ぐような時以外は5本指だけで大丈夫。日頃、足指がこれまでより解放されそうです5本指ソックスは順次入れ替えてグンゼの物にしていく予定。

壁スクワットも<壁を背にする>のと<壁に手をついて前向き>と二通りあって、これまで私は壁に背中を預ける方が負担が少ないかと思ってそちらを時々していたのですが、<私には前向きの方が良い>ということで、昨日それも診ていただき指導動画も撮って送ってくださいました。動画は二つ、もう一つは私は右脇腹が縮んで歩く時もその姿勢なのを改善するような動き。こういうのは人によって全く異なりますから書いても参考にはなりませんよね。股関節症と一口にいっても顔が違うように本当に一人一人状態が異なりますものね。「誰かに良いからといって自分に合うとは限らない。」のが難しいところ。その意味で信頼できる理学療法士の先生のアドバイスがいただけるのはありがたいです。

乗馬から帰ってくると、毎回のようにお尻の筋肉痛で「こんなところに筋肉があったんだー」と思うようなお尻のほっぺた(?)の下の方なのですが、今回みていただいた壁スクワットは腿の前ではなくお尻に効くようなことなので、ちゃんと鍛えられたら乗馬の度の筋肉痛が解消するかもしれないと期待しているところ。

撮っていただいた動画を見てびっくり。cwーxを裏返しに履いておりました。製品についているタグがお尻のあたりに見えていて。それどころか帰りにはサマーセーターを前後反対に着て帰ってきたんです。センターを出てから前についているはずのブローチが付いてなくて「あれ?」と背中を探っていたら後ろから来た女性が親切に声をかけてくださって、近くの車庫のようなところに(不法侵入になっちゃいますが入らせていただいて)衝立代わりみたいに立ってくださって急いで着直しました。恥ずかしいですー。親切な方が居てくださってありがたかったです。

先日は豊洲シビックでの演奏会を前日まで何度か行ったことがある文京シビックだと思い込んでしまっており、前日に誤りに気がついて胸をなでおろしました。乗馬クラブに行った時にはクラブで支払ったときにお財布を置き忘れちゃって、宿で「困ったな」と思っていたらスマホでの各種決済が可能で、いつもはペイペイなのですが初めて楽天ペイを使いました。いろいろ気をつけなければ「確認が大事」と肝に銘じているところです。スマホ決済ができるのは便利な時代になりましたよね。ペイペイは友達に送金する時にも(銀行のような)手数料無しで使えるのも重宝しています。

|

« ぶら下がり ほか | トップページ | 二年ぶりの斎藤ホテル »