メンタル面

2008年9月14日 (日)

摺針峠(摩針峠)

もう10年以上前のことになります。母の遺品の整理中、小倉遊亀さんの画集で<摩針峠>を見たとき、一瞬その場の空気が変わったように思われたのでした。すっかり魅せられました。その後、三越で小倉遊亀さんの展覧会があって、実際にその絵(屏風絵)を前に(感激のご対面?)画集とは違った大きさ、その迫力にしばし見とれてきたのでした。

摺針峠のお話をご存じない方もいるかと思いますので簡単に。「ある若い修行僧が、自分にはとても仏の道は無理そうとあきらめて僧坊を去ることにして帰る途中、一人の老婆が針が折れたので斧から針を作っているのだという姿を見た。斧から小さな一本の針を作ろうとする姿に己の修行半ばであきらめてしまったことを恥じて引き返した。」というものです。私が書くと「それがどうした?」みたいになっちゃうので、ちゃんと書いてあるページをさがしていたら、小倉遊亀さんの摩針峠について書いてあるページがありましたので、そちらをリンクしておきますね。小倉遊亀と摩針峠

ストーリー以上に、小倉遊亀さんの絵の魅力だったのかもしれません。その僧が弘法大師だったということであるなら実在の地名であることに考えが及んでも良いのに、私は今回琵琶湖の旅を考えるまで全く考えたこともありませんでした。来月、かねてより行ってみたかった芭蕉のお墓(義仲寺)そして、彦根城に行くことにいたしました。そこで摺針峠がその近くにあると知ってビックリ。

そのあたり(彦根城などのあたり)に北国街道と中山道の分かれ道があるのです。軽井沢の家の近くにも北国街道と中山道の分かれ道があります。それが追分宿(信濃追分)の名の由来でもあって、いつもその<分去れ>(分岐)を目の当たりにしている私は、そのたどりつく先に同じようにある分かれ道を見てみたくなったからでもあります。双方の分かれ道から金沢方面をめざしたということであって、彦根のあたりのその分かれ道まで行く人は中山道を通ったのでしょうけれど。気持ちとしては、<軽井沢近くの追分から双方に分かれて行く道をたどるとまた合流している地点に行ってみたくなった>ということなんです。単に道が分かれているということだけではなくて、それまで旅は道連れみたいにして一緒に旅して来た人たちが、そこで別れを惜しんでそれぞれの道に行ったことが<分去れ>といわれる所以のようです。

我が家の近くを旧中山道が通っています。その道をずっとたどると軽井沢のあのあたり、そして彦根のあたりを通って行くのですものね。和宮さま始め京から江戸に下る人たちは、この中山道をこられたのですよね。そんな感慨を持って行ってこようと思います。

話がアチラコチラいきますが、この「斧から針を作ろうとする心意気」ときどき気弱になる私たちが股関節症と向き合う<気の長さと根性(?)>に、どこか通い合うものを感じたりもしております。

| | コメント (6)

2008年9月 7日 (日)

インナーチャイルド

(前に書いた)オーラソーマのセッションを受けに行った時、終わっても釈然としない顔をしていたら、「天使さんに聞いてみます?」と言われて、「どういうことをするのかしら?」と思いながら「お願いします。」と申し上げたら、私が毎晩寝る前に使っているのと同じ、ドリーンバーチューのオラクルカードなのでした。

そのオラクルカードで、ここのところインナーチャイルドの癒しみたいなことで、もっと遊ぶようにということが繰り返しでてきます。「仕事で忙しい。時間がない。お金がない。遊んでいる時間なんて無いという思うかもしれないけれど、楽しく笑ったり、リラックスしている中で目標に向かうヒントが思い浮かんだり、結局は目標を達成しやすくもなる。」というような意味合い。

さて、遊ぶといっても何をしたものかと考えてしまいました。幼いころ、家の外で「○○ちゃん、あ〜そびましょ。」と呼びに来てくれると、出ていって一緒に遊んだり、遊びたくないときは「あ〜とで」と、これまた節をつけて歌うように大きな声で答えていました。あれは日本全国同じだったのかしら。遊びというと縄跳びとかゴム跳びとか、地面に○を書いて石蹴りとか。私は縄跳びは好きだったのですが、ゴム跳びは大の苦手でした。色々な飛び方があって、後ろ足を跳ね上げたりするような飛び方もあったりしたのだけれど、足がひっかかっちゃってすぐゴムを持つ役になってしまうのでした。今考えれば股関節が不出来な私の足では苦手なのも当然のこと。小学校に上がっても跳び箱が苦手て飛び越えられずにお尻をぶつけたりしていました。この夏、おっこさんのところにいって小学生時代の話などしていて、それもこれも股関節が悪かったからなのだ、自分の運動神経が鈍かったわけじゃなかったのだと50年あまりもたってから気がついたのでした。

私は幼い頃、人一倍反抗期が激しくて、母は私が結婚してからも<まだ娘(私)が幼い>という夢を繰り返し見ては「これから、この子を育て上げなくちゃ。大変だ。」と思って、目がさめてホッととしていたそうです。「小さい時に反抗期が激しいと青春期の反抗期はさほどではない場合が多い。」と本で読んでそれを励みに頑張ったようです。私は幼い頃、心の中で「私ホントはそんなに悪い子じゃないモン」と思いながら、母をよく困らせていました。

例えば、幼稚園の頃、床屋さんに行くと甘えっ子の私は母の膝の上で髪を切ってもらっていたのだけれど、あるとき、母が用事があるとかで私一人で髪を切ってもらうようにとのこと。でも私は「絶対おかあさんの膝の上じゃなきゃイヤだ」と頑張って、大泣きをしました。母はそんな私を置いて自転車で出かけてしまったのだけれど、私は母が戻ってくるまで床屋さんの外で泣いていました。正直、ずっと泣いているのは大変だったのだけれど、母が戻ってきたときにもちゃんと泣いていないとカッコがつかないと思ったのと、床屋さんであきれちゃったのか誰も引き戻しに来てくれる風でもなくて引っ込みがつかなかったので‥。自転車で母が床屋さんに戻って来た時、まだ私が外ででしゃがんで泣いていて、髪を切り終えていなかったのを知ったときの母の、失望と困惑の表情、いまでも思い浮かべる事ができます。強情な子でした。

そんなインナーチャイルドが、まだ私の心のどこかに潜んでいるのかもしれません。

| | コメント (7)

2008年7月18日 (金)

カーラジオで偶然聞いた放送

軽井沢から車運転しながら帰ってきました。(夫は昨日一足先に帰り)一人で車運転していたので信号待ちなどでラジオのチャンネルを好きなように変えながら聞いていましたら、FM東京のライフスタイルミュージアムという番組で、元NHKのデイレクターが自らがガン患者だったことから「人間はなぜ治るのか」という番組を制作なさったこと、番組終了後に電話が鳴り止まなかった事など話されていました。

家についてしまったのだけれど、私は車から降りずに番組を最後まで聞いておりました。ガンという言葉を<股関節症>に置き換えたら、そのまま当てはまりそうな「そう!」とおもうことを沢山いわれていたからです。

その番組の中で、ガンになったときに「治った人に会いたい」と思ったと話されていました。なぜ治った人の話を聞くのが良いのかということが番組で紹介されていたホームページに書いてありますので、ご紹介しておきます。さくらさんが股関節症を改善された体験談を皆が聞きたいと思っている時に、何と言うタイミングで、こういう放送を聞く事になるのだろうと、シンクロに目に見えない力が働いているように思えて感謝です。

治った人の話を聞くこと
あの人は治った。だから私もきっと治る。

| | コメント (4)

2007年9月30日 (日)

第40回

私が変形性股関節症と向き合うのに心がけてることなどを中心に100項目書き出してみようと書き始めて80までになりました。書きながら、こんなにあったのだなぁと我ながら驚いています。10年も向き合っているのだから、アレはどうかコレはどうかと試行錯誤してきた結果です。思いつくままに書いているので、順不同ですが、最後の100番目に何を書くことになるのだろうと考えていたら、最後にはコレを書きたいと思うことが浮かんだのでそれを先に書いてしまおうと思います。

その99  (81から98まで後で書きます。)
自分をリセットできる手段を持つ。 ☆☆☆☆☆

変形性股関節症は「もうや〜めた。」とゲームからおりるみたいに終わることができず、長いことつきあっていかなくてはなりません。心模様にも雨の日もあれば晴れの日もある‥私は上がったり下がったりが激しいタイプで、心躍らせて舞い上がっていたかと思うと、鬱っぽく暗くなってしまったりします。そんなときに<コレをすると自分がリセットできる>というものがあると良いのだと思います。

小さなことではお気に入りのハーブテイーを飲むとか、好きな香りのアロマオイルをハンカチに落としてみるとかお気に入りの音楽をかけるとか、緑の多い公園や郊外に出かけて行く、好きな場所があって、そこに行くと元気な自分になれるとか。本来の自分が取り戻せるもの。<こうすると、自分が好きな自分になれる>みたいなもの。

その100  ☆☆☆☆☆

昨夜、オリビアハッセーが主演したマザーテレサのDVDを見ました。それにオリビアハッセーのインタビューや記者会見もあって、その中で「他人のことを一分でも考える(思いやる)時間を持ってください。それで住みやすい世の中になるのですから。」というようなことを呼びかけていました。落ち込んだときには<自分を離れて人のことを考えてみる>というのが一番良いのかもしれないと思ってみたりもします。

かなり前に読んだお話、仏教説話だったかと思うのですが、長い長い箸があって、地獄では皆がその箸で自分の口に入れようとするのだけれど食べられなくてあがいている。天国では長い箸でお互いに相手に食べさせあっているので長くても全然不自由は無いような話を読んだことがあります。

変形性股関節症を改善するのにどうしたら‥と考えているブログに、<自分のことを後回しに>というのは矛盾するのかもしれませんが、股関節症にとらわれずに、周囲の人たちのことを考えてあげられるようになったら理想なのだろうと思います。脚の痛みもそれによる心の痛みもわかっている私たちって、それを知らない人たちより周囲の人に優しくなれそう。

| | コメント (2)

2007年8月23日 (木)

第32回  メンタルダイエット / バスローブ

今朝起きたら、いつになく足の調子が良いのです。たとえばこれでサプリメントを飲みはじめていたりすると「あ、サプリメントが効いて来たかな」と思ったりするのだろうな‥と思いました。

体重落としたり半身浴で血行を良くしたりというようなことは、すぐに成果が出るものではないけれど、そういうことの積み重ねで改善できたら「コレが効いた」というような決定打をご紹介できるわけでは無かったとしても、私には一番嬉しいことのように思います。(銀サロで月に一度で筋肉をほぐしていただいていることは勿論大きいと思っています。でも遠い人は通えませんし受けられる人にも限りがあるでしょうから、誰でもということは難しいですものね。)

その66  10日間のメンタルダイエット ☆☆☆☆☆
これも足とは直接関係ないように思いましたが、今朝起きて足の調子が良かったのは、時々襲われる鬱状態のようなものが最近減って来て<気持ちよく>暮らせていることも案外大きな要素かもしれないと思うので、やっぱり書いておくことにします。私流の解釈が加わってニュアンスが違っているかもしれないので、いつものことですが、本当に関心がある人はオリジナルにあたってくださいね。

これはアンソニーロビンスというプラス思考の人の本に紹介されている方法です。身体を軽くするためのダイエットをするけれど、心を軽くするためのダイエットってあまり考えませんよね。でも余計なことを考えることをカットすることを、ここではメンタルダイエットと呼んでいるわけなのです。

方法は<連続した10日間、つまらないことを考えていることに気がついたら、一分以内に考えを切り替える>というものです。否定的な考えをやめてプラス思考に切り替えるというようなもの。例えば3日目で忘れてクヨクヨ考えていたら、また一日目からやり直しというようなことです。これを単純で簡単と思うか、大変そうと思うか‥。ずっと成功しないままに続けているという人も知り合いにいます。でも、続けているということは、やはりやってみて良かったからこそ<成功しないまま続けている>のだと思います。実は私も同類です。私の場合続けているというより忘れちゃっては思い出して、また最初から始めるということの繰り返しをしています。ここに書くことで思い出す頻度も増えるかもしれません。プラス思考といっても人間なのだから<全く暗いことを考えもしない>ということは不可能。「あ、イヤなこと言われた!」と思うことはどうしてもあるはず。「それをひきずらない」ということも頭ではわかっていても、つい抱えていたりします。「あら、まただわ!」と思って一分以内に考えるのをやめるという次第。

何をもって無駄なこととかつまらないことと思うかは人それぞれだと思いますが、前に書いたように「問題を考えるのではなく解決策を考える」というように気持ちを切り替えるというようなことです。

例えば「どうして股関節を悪くしちゃったのだろう。そうだ、あの時にあんなことしなければ‥」みたいに考えることも建設的ではない訳だから、この場合、否定的な考えの範疇に入ると思います。そういう風に考えている自分に気がついて考えるのを止める、そういう風に浮かんで来る考えを雑草がはびこるようなことに例えていたりもします。放っておくとどんどん妄想的にひろがってきてしまう。「この先歩けなくなるんじゃないだろうか」みたいなこともそうですものね。考えたから、どうなるものでもないけれど、そこにはまってしまうことってありますもの。

その67 ☆☆☆☆

これも67に入れちゃって良いかどうか迷いましたが、この際だから入れちゃいます。(ホテル仕様の)バスローブを買いました。「な〜んだそれだけ」と思われるでしょうが、コレが気分がとても良いのです。半身浴をして朝はユニクロのウエアを着て汗かいたウエアから着替えて日中過ごすのですが、夜はお風呂をでると汗を一所懸命拭き取ってパジャマに着替えてそのまま寝ていました。でもやはり同じように汗はすぐひかないのです。それでホテル仕様のバスローブを汗取りに着ながらちょっとゆったり過ごすようにしたら、なんだかセレブの気分。パジャマに着替えて寝る時に気持ちが良い。ネットでバスローブに寄せられた利用者の声を見たら小さい子とお風呂に一緒に入って、出てから子供にパジャマ着せる間にはおっているというようなことが書かれていました。

そのタオルの感触が良いので、ホテル仕様のタオルケットとタオルシーツというのも買ってみることにしました。
気持ちよく寝て気持ちよく目覚めることができたら、高い買い物ではないのだと、これは物を買うのじゃなくて<気分を買うのだ>と思っています。バスローブをはおってゆったりブランデーなどというイメージですが、
ブランデーは飲めないので、ハーブテイーなどを飲んでみたりしています。夫が不在の時は早めにお風呂に入っちゃって、バスローブで過ごしています。


***
プロフィール欄にメールアドレスを入れてみました。「コメントは皆に公開なので書きにくい。」という人がいらっしゃるかもしれないと思ってのことです。専門家じゃないので専門的なことはお応え出来ませんが「こういうときどうしていますか?」みたいなことなどございましたら。しばらく家を空けていたりすることがあるのですぐにはお返事できないかもしれませんが‥。(平成20年2月一度アドレス省きました。また復活するかもしれません。)

| | コメント (2)