近況

2008年12月22日 (月)

来年はギターのレッスンを始めることになりそうです。

本日の足模様 5 心模様85

きょうを含めて、あと三回スタジオの貸し出しをすると年内終了です。最初に股関節症と診断された時に「お仕事の内容は?」と聞かれて貸しスタジオをしている話をしたら、椅子並べ他、足に悪い事は避けるようにいわれましたが、結局、ピアノの移動や、雑然と片付けられた椅子を積み直したり、力仕事もついついしてしまいます。今年の春ぐらいには弱気になって「やめてしまって、友達だけに使ってもらうようにしようかしら。」という思いになったこともあったのですが、「もう少し続けてみよう!」と気持ちを切り替えたら、引き寄せの法則が働いたのか新しい方が次々来られるようになりました。やはり<思いの世界/自分がどう思うか>って大事だと思いました。

ギターを始めようと思うにいたりました。先日の日記に三組下見の人がいたことを書きました。最後に見えたのはギターの方でした。スタジオに不具合のギターが置いてありました。20年前に夫がギターを始めるというので購入したもので夫はすぐやめてしまってスタジオに置いてありました。私のフルートの伴奏をしているギターの人が練習のときには自分の楽器を持たずにウチのギターを使ったりしていましたが、不具合があるということを言われていました。その話をしたら気軽に「診てあげましょうか。」と申し出て下さり「制作者に見せるのが一番いいのですよね。近くに作家さんがいるので持っていってあげましょうか?」とご親切におっしゃってくださいました。修理の見積もりは無料と言われても「初めまして。」と私がギター持ち込むより、お知り合いに持って行っていただいた方が良さそうですし、作家さんの場所を聞いたり都合を聞いたりを考え始めると、お願いしちゃった方がとお言葉に甘える事にとにしました。「20年前の楽器ですよね。なかなか良い楽器ですよ、大事にした方がいいですよ。」と言って下さいました。

「初対面なのに楽器預かることになっちゃって。」とご名刺を置いていかれました。ホームページを見たらあちらこちらでご活躍のご様子。いつも思う事ですが、ご活躍の方ほど腰が低いのです。フルートなどと共演のCDもあったので早速購入することに。それが素晴らしい音色とお洒落なアレンジと颯爽とした演奏!すっかりファンになりました。たまたま昨日近くの市民会館で生徒さんの発表会もあって、ご本人も弾かれるというのでスタジオの貸し出しをしてから聴きに行ってきました。それがまたスゴ〜く良かったのです!

フルートはあくまで旋律だけです。アンサンブルをすればハモって楽しいですが、そのパート譜を一人で吹いみてもツマラナイ。ピアノ伴奏とかギター伴奏とかいいますが、アレは二重奏なのであって、伴奏譜つきの曲をフルートだけで吹くのは半身という気がします。そのてん、ピアノとかギターは一人でもちゃんとした曲が演奏できます。でもピアノって一人の世界が多そう。(勿論、それはそれで良いのだけれど)昨日はスティビーワンダーの<Isn't she lovely>やピアソラのリベルタンゴなどギター二台で弾いていましたが、楽しそう〜!

天使のオラクルカードで占ってみたら、何十枚もあるカードの中からmusicというカードが出ました。By drawing this card ,the angels guide you to add more music into your life.「このカードを引くことによって天使たちは貴女にもっと人生の中に音楽を加えるように導いているのです。」みたいなことで、以下、今の状況にぴったりのことが書かれています。こういう出会いもあるのですから、足の不具合を抱えていても、もう少しスタジオ続けて行こうと思いました。

昨年末から考えるとヨガと英会話を辞めた上に、平日スタジオをご利用の方が二組終了となりました。タイミング的にも時間が出来たように思います。スタジオに下見に来られたピアノの先生の「片手でもピアノを」という70代の生徒さんのお話からも、勇気を与えていただいたのでしたし。でも、始めて見たら「こんなはずじゃなかった。」になるといけないので、お試しレッスンを受けようとメールしたところです。本当にレッスン始めるとしたら、来年の今頃、どんな曲が弾けるようになっているでしょうか。

|

2008年12月20日 (土)

忙しい渦の中

本日の足模様 4(低い方が状態が良い) 心模様 88(100点満点で)

貸しスタジオは一年中で一番忙しい時期のまっただ中にいます。いつも平日は暇で定期練習やリハーサルなどにポツポツ使われているだけなのですが、この時期は平日でもお仲間内のクリスマスコンサートのご利用があります。スタジオは何もクリスマスらしい飾りは無いのですが、会場をご利用の先生のご主人とお父様がお二人で大きな組み立て式のクリスマスツリーを持って来て作業なさっていたりします。「一日のためにスゴいですね〜」と申し上げたのですが、明日ご利用の人からも「クリスマスツリーってありますか?持って行こうと思うのですが、かさ張るので、そちらにあるなら持って行かないつもりなんですが。」と問い合わせがありました。確かにレストランなどでは奇麗に飾り付けされたツリーがありますものね。私は一人ではとてもそこまでは回りません。

今週は一日に三組の下見という日もあって、それも暇なスタジオには珍しいことでした。下見していただけるスタジオが空いている日が限られているからだったわけですが。それぞれ印象に残る方達で、その日の心模様は95ぐらいになりました。(年初来高値?)一組は演奏会を直前に控えて会場側と色々問題が生じてそちらをキャンセルなさってコチラでなさりたいという方でしたが、色々お話をうかがっているうちに憤慨なさっているお気持ちも落ち着かれて、何はともあれ今回は予定通りそちらの会場でなさるということで一件落着して帰られました。私はお話をうかがいながら何だかカウンセラーにでもなった気分。

次に見えた方も心に残るお話をしてくださいました。最近70代になってピアノを始められる方が増えているのだそう。その世代にとってピアノは夢のような憧れの世界。自分たちはピアノを弾きたくても弾けなかったので子供たちに夢を託してピアノを習わせたりした。その子供たちが家を離れてピアノだけが家に残った。それでご自分たちがピアノにチャレンジ。中には「片手だけでもいいからピアノ弾きたいんです。」と習いに来られる人もいるのだそうです。昔習った人がまた始めるというのではなくて、全くゼロから。「そうだ!そういう人たちの交流の場をもとう。あそこの会場ならそれにピッタリ!」と私の所を思い出してくださったのだそう。その話を聞いて、とても嬉しくなりました。「好きなことを始めるのに遅いことは無い!」と勇気づけられた思いもいたしました。

足の方は、やはりホットウオーマーが私には合ったようで、落ち着いています。グッスリ眠れるので朝から元気な気がします。

|

2008年10月14日 (火)

いってきま〜す。

本日の足模様73点(朝は80点でしたが) 心模様78点

明日神戸に向けて出発です。出前ラベンダー亭‥神戸編。だんだん寅さんみたいになりそう‥。明日の夜、ブログを通して知り合ったお二人にお会いして、翌朝琵琶湖に向けて出発。ゆうき体操の指導は今回は見合わせることにしました。通信指導だけで今の所満足しているので、さらにお金と時間をかけてみていただくまでも無いかしら‥と(今の段階では)思えるからです。もう少し体操続けて、次の段階を教えていただきたい、あるいは「これはどうしたらよいのか?」という疑問がでたら行ってみるかもしれません。

体操を続けているうちに「これじゃいけない。」とか「もう少しこうしたら。」ということが、少しづつ自分でわかるようになってきました。例えばきくさんから教えていただいた体操の中に、正座してそのまま後ろに体を倒すのがあって私にはとてもシンドイのです。でも、本来、その同じ箇所をのばす体操というのは、これまでもしてきたはずでした。足首を背中側(後ろ)でつかんで腿の前面を伸ばすという体操がそれです。たやすくできて足首がお尻につくまで引き上げられるのにも関わらず、同じような姿勢であるはずの正座して後ろに倒れるのが何故できないのか‥という原因が自分でわかりました。それまでの体操の方法が違っていました。形は似て非なることをしていたのです。(あ〜じれったい。文字で表現できません。)そういうことがいくつか自分でわかってきました。最初から通信指導ではなく直接指導を受けていれば、そういう回り道はしないですんだのだろうと思います。

翌日、びわこホール、義仲寺に行って、そのまま彦根へ。翌日彦根を見てもう一泊することにしました。当初の予定では18日は夕方からスタジオの貸し出しがはいっているので17日に戻るつもりでしたが、一日中あちらこちら歩き回ってその足で遅く帰るより、もう一泊して体を(というより足を)休めて、翌朝、帰る方が疲れないだろうと思いました。摺針峠などに足も伸ばしたりするので、夜までたっぷり一日は彦根で使いたいですし。

パソコン持って行きませんので、その間ブログお休みの予定です。では、いってきま〜す!

| | コメント (2)

2008年10月 9日 (木)

一喜一憂しないように/彦根/招き猫

今朝の足模様90 心模様85

昨日、朝起きて歩いてみたら、ほとんど痛みがありません。<これだけ調子が良いのはいつ以来か>考えてみましたが思い出せません。杖をつけば痛みはゼロという感じ。(跛行はあるので歩きにくいのは同じですが。)今朝も同様です。こういうとき、以前は「あ、良くなった!」と喜んでは、また元通りになってガッカリということもあったのですが、最近は悪くても良くても一喜一憂しなくなりました。

でも今回は体操を続けている、その効果が出て来ているのかもしれないと、良い方に考えたいです。夏の始め頃には有楽町から銀サロまで歩くのが杖をついていてさえ大変だったこともあったのでしたから、先日楽風から杖無しで歩いて帰って来た時のことを考えても良くなっているのだと思います。こういう変化って良かったり悪かったり上下に波打ちながら、流れ(方向)として上昇していくか下降しているかで、大きく見ると私の場合上昇していると思います。例の椅子に座っての8の字揺らしが特に良さそう。最近になって「内転筋や中臀筋、大腰筋などまんべんなく使うので私にはとても良い。」という事が実感としてわかるようになりました。外に開きにくかったのが横八の字がだんだんスムーズに大きく(つまり横に開く/外転して)書けるようになってきています。

昨日は国立劇場での「大老」を見てきました。幕があくと彦根にあって不遇時代の井伊直弼が豆腐を買って理木舎に戻ってくるような場面から話が始まります。井伊直弼って15男の14番目だったのだそうです。それなのに跡取りになれたのは、上の兄たちが若くして亡くなったり、他家に養子に行ったりしていたからだったそうです。暗殺される間際に、江戸幕府の下屋敷で「理木舎」を懐かしみながら、彦根のお酒をのむ場面もありました。井伊直弼のお墓は世田谷の豪徳寺なのですから、(芝居と同じように彦根を懐かしんでいたかどうかわからないことではありますが)あのまま故郷の彦根に帰る事は無かったのだ。」と思いました。来週、彦根にも行くわけですが、彦根城を見るだけで、井伊直弼が不遇の時代を過ごしたという理木舎に行く予定はなかったのですが、昨日の舞台を見たら是非行ってみたいと思うようになりました。歌舞伎のパンフレットの表紙も彦根城博物館蔵の螺鈿(らでん)の鞍。グラビアにも資料館の井伊直弼の遺品、井伊直弼作の茶碗などが沢山載っています。

国立劇場には友達が切符を手配してくれるようになってから、ここ何年か行っています。一番調子が悪かった時期はJRで行く気になれなくて、家から車運転して出かけていたのでしたから、昨日は「歩くことが苦にならなくなった。」と思いました。(国立劇場の身障者用の駐車場は無料です。まだ身障者手帳を持っていなかった時期にも建物のすぐ脇の身障者用の駐車場に置かせていただいていました。)

今度、芭蕉のお墓のある義仲寺に行く事を書きましたが、最寄り駅の膳所(ぜぜ)から<びわこホール>が近いこと、私が行く時にちょうど館内ツアーがあることを知って申し込みました。前にうさこさんがミクシイの日記に書かれていたホールです。演奏や観劇などではなくてハード面(劇場としての設備など)だけを見て来ることになります。琵琶湖のほとりにあるというだけでも素敵な気がします。演奏会の前後に雑踏に揉まれてくるのと余韻を楽しみながら琵琶湖を目にするのでは、同じ演奏会や芝居を見ても印象が違ってくるのではと思ったりいたします。

びわこホールは大津駅からも徒歩15分となっているので、それこそお天気がよかったら大津駅でレンタサイクルを借りようと思っています。関西にはそういうシステムがあるようです。三輪車に乗るようになると旅先でレンタサイクルに乗るのもコワくなると思うので、これが旅先で自転車にのる最後になるかもしれません。ちょうど季節も自転車に良さそう。

話がアチラコチラいきますが、<招き猫>の由来って色々あるのだけれど、一つが豪徳寺の猫と井伊家の二代目の当主が鷹狩りに出た先でのエピソードから来ているって知りませんでした。今月の歌舞伎の演目が大老であることを知らずに彦根に旅することにしていたのですが、なんだか彦根においでおいでと招かれているような気がします。

話さらに飛びますが、上記の招き猫の紹介の中に、アメリカにも招き猫があるけれど、「カモン!」みたいに手の甲をみせているのだとネットでみました。日本みたいに手のひらが見えていると「あっちにいけ」と追い払うみたいになっちゃうからなのだとか。ホントかしら?

| | コメント (4)

2008年8月 2日 (土)

肩の力を抜いて〜

軽井沢に二泊して浦和にお昼頃戻ってきました。浦和では(寝るときは冷房をかけないので)ここのところ暑くて眠れず寝不足でした。軽井沢では二晩とも8時頃寝てしまい、睡眠不足を補ってきました。冬用のパジャマを着てシッカリ布団をかけて寝ています。昼間は暑いですが、夜は肌寒いぐらいになります。

今回は、軽井沢の近隣でゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーを飼っている人が多いということから、懇親会みたいなことで野尻湖にわんこ7頭、6家族が集まりました。夫はゴルフでお知り合いの方々、ゴルフしながらそういう話になったようです。でも私はほとんど他の方々を知らないし、場所も知らないので、ちょっと不安な気持ちもありました。湖って、足下の悪い斜面を降りたりしそうですし‥。行きの車で夫に「『家内は足が悪いので、ご迷惑おかけするかもしれませんが』みたいなこと話してある?」と聞いたら話してないとの事、ちょっと「困ったな〜、大丈夫かしら。」と思いながら、でも「楽しいと信じて行った方が、思いは現実になる(物質化する)のだから。」と思いながら行きました。

初めて会う人たちって、足が悪い私を見ると、昔から足が悪いのだと思うのでしょうね。知人たちみたいに「その足どうしたの〜?」みたいなことはありませんでした。

野尻湖のほとりにドッグランみたいなものがあるのかしら‥みたいに思って行ったら、そうではなくて、到着したらすでに先についた‘わんこたち’が喜んで泳いでいました。民宿のようなところが持つプライベートビーチみたいになっていて、近くに泳いでいる人もボートなどの人もいず、そのあたりの水辺を貸し切り状態で、わんこだけが泳いでいるのです。ウチのアルフィーは泳いだ事がないのでライフジャケットをお借りしてそれでもコワゴワ水辺を走り回っているだけで水にはいろうとしません。もう一匹、水が苦手なゴールデンが居て、その子も陸上派。

そのうち、その(泳ぎの苦手な)子がついてまわっていたお気に入りのわんこが泳ぎだしたので意を決して後を追って泳ぎだしたのですが、まるで溺れているような<犬かき>愛くるしかったのと、一所懸命さに、皆から歓声がをあがりました。ウチの子も他の人が低い桟橋のようなところから、水の中に突き落としちゃったので、必死に犬かきをしてちょっとだけ泳いで陸の方に来て、拍手喝采を浴びていました。

(犬が苦手な人には申し訳ないですが)愛くるしいわんこたちを見ていて思ったんです〜。<無駄な力を抜く事が大切>って。泳ぎの苦手な二頭は力まかせに必死に泳いでいるんですよね。上手な子たちは余分な力が入っていないんです。フルート吹くときでも「余分な力は抜いて。」とビギナーには言うのですが、力を抜くって難しいですよね。股関節症私たちの場合、どこの力を抜くかということになるけれど、あまり「足を直すぞ〜。」みたいに勢いこまないで、頑張ることも時には大事かもしれないけれど、長続きさせるには力をぬいて自然体の方が良さそうと思ったことでした。

| | コメント (2)

2008年6月13日 (金)

ヨガの教室、終了に。

パソコンの修理出来上がってきました。修理に出している間、(この3月に買い替えたばかりだったのですが)以前使っていた、ちょっと動きが悪くなっているパソコンでメールを読んだりコメントのお返事書いたりしていました。

きょうヨガに行ったら、ヨガの先生がお休みとのことで、生徒だけの自主トレ。先生からのおことづけで「今月いっぱいでお教室は止めさせていただきます。」とのことでした。何ヶ月か前にも「今月いっぱいで」と言われたのを生徒が「ぜひ続けてください。」と無理にお願いしたのでしたから、これ以上無理していただけません。(75歳なのだそうです。)姿勢も良くて歩き方も颯爽としていて、「後ろ姿はまるで30代」と先日も他の人が褒めていました。ポニーテールみたいになさっていて小柄で、本当に若々しいのです。でも毎週、指導していくというのは責任もありますし、一人で気ままにするのと違ってやはり大変なことでしょうものね。

私以外の人たちはきょうのような自主トレを皆で会場費だけ集めて続けて行きましょうという方向になり、私だけが止めることになりました。お教室が駅の反対口にあって、浦和駅というのは地下道を通らないと反対側に行けなくて、自転車で遠回りして坂道をヨイショヨイショとこいで行くのですが、それがシンドイことや、これまでは先生の魅力が大きかったこと、後半の15分ぐらいは毎回新鮮な日替わりメニューみたいな内容で「きょうは何をするのかしら。」という楽しみもあったのだけれどそれが無くなってしまうのでは通う気も失せてしまいます。

毎週金曜日に二時間弱していたヨガのお教室が終わってしまうとなると、さてどうしたものかと考えているところです。新しいヨガの教室を探して入ろうというほどの意欲もありません。一般のヨガはポーズが多いでしょうけれど、足を<蓮華座に組む>みたいなことは到底私にはできないわけで、これまでのヨガはフツウのヨガとはちょっと違って導引術に近いようなことでした。それに最初から私は足が悪いことをご存知で先生ご自身から「そのままだと筋肉がどんどん落ちちゃうから是非ご一緒にお教室に。」と誘っていただいたのでしたから。

その代わりとして考えているのが、ちょっと遠いけれど、先日見て来た桜区の温水プールに通うこと。でも教室じゃないと強制力がなくて「きょうは行きたくない。」と思えば行かずに済んでしまいそう。これまでのヨガはお月謝も払っていたわけですから休むのは勿体ないという気もはたらきますし、休むときは欠席届も他の生徒さん経由でしなくちゃなので<強制力>があったわけなのです。

自分で自分を律して行くって、難しいですよね。週に一度二時間のヨガを一人で続けられば良いけれど、とても無理そうな気がしています。何か良い方法がないかしら。きららさんの歩き方教室みたいなものがコチラ方面にもあればと思ってしまいます。DVDを買って椅子の体操をしてみるとか?

同級生でデパートにおつとめの人が居て、毎朝6時半のテレビ体操をずっとしているそうです。「その10分で一日が違う。」のだそうです。仕事で高いところの物をとったり、色々動く時にスムーズで、体操をしないと、ちょっと調子が(彼女の場合は)悪いのだそうです。私にも勧めてくださいました。あの体操も椅子に座ってというのがあるのですよね。確かに、号令をかけていただいたり、「一緒に動く」というのは、一人でしているのとはちょっと違うように思いました。その流れでテレビ体操が終わった後に足を上げたりのような自分の体操を生活のリズムに組み込めたらいいのだろうな‥と思います。皆様は体操をする時間って決めていらっしゃいますか?(‥というようなことをスカイプだとおききできるのになぁと思ったりしています。)

話は自転車で坂道をこぐ話に戻りますが、足が良かった頃は気にならなかったようなゆるやかな斜面でも足の力が落ちたらしく、必死でこがないと上れません。他の人は自転車こぎながら上がってしまうような坂道も降りて引っ張らなければなりません。これも一つのバロメーターで、降りないで坂道こげるようになりたいと願っています。

| | コメント (0)