お肌のお手入れ

2008年11月13日 (木)

<55歳からの美肌カウンセリング>を読みました。

きょうの足模様80点  心模様75点

佐伯チズさんの<55歳からの美肌カウンセリング>という本を先日、図書館から借りて読みました。夏にお肌の事を書いた時期に佐伯チズさんの本を何冊かネットで予約して、他の本は早い時期に順番が来たのですが、この本は人気だったようで、予約した事さえも忘れた頃になってようやく順番が回って来ました。貸し出し期限が二週間なので期限いっぱいそれぞれの手元にあるとなかなか順番が回ってきません。人気の本には「この本は順番を待っている人がいるのでなるべく早く返却ください。」というメモが入ってくる事がありますが、今回の本にはそれが入っていませんでした。

これまで借りた佐伯チズさんの本は、経歴やエッセイ風のものが多く、今回の本が一番お肌のお手入れには実践的でした。人気の本であるのも納得出来ました。<福袋マッサージ>とか<幸せのv字塗り>とか、ネーミングもなんだか嬉しくなります。エステの人たちがなさる6つのハンドテクニックというのも紹介されています。どれか一冊お手入れのために読むのでしたらこれをお勧めします。<眼鏡しみ>についても書いてあって、私は外に出る時はたいてい紫外線で色が変わるサングラス、家に居てパソコンや本を読む時は読書用眼鏡と眼鏡かけることが多いので、どうもそれらしきものがうっすら鼻の脇に出来て来ていて気になっていたのでした。これもローションパックでとれるようですので、楽しみに続けてみようと思いました。

「お手入れには根気が必要、複雑にしては続かない。」というところで、「股関節のお手入れとやっぱり同じ!」と思ったことでした。

話いきなり飛びますが、昨日の新聞に埼玉県内の<ゆるキャラ>が県民の日に大集合との記事がありました。県内にもゆるキャラが居るって知りませんでした。ひこにゃんにあやかりたいようです。ネット上でも記事をみつけました。埼玉のゆるキャラ草加せんべいのパリポリ君ってどんなでしょ?

|

2008年10月 2日 (木)

ローションパックの3分間は8の字揺らしタイム

本日の足模様 73点  心模様70点

お肌のお手入れ、飽きずに続いています。ひょんなことからローションパックも始めて二週間ぐらい続いています。スーパーで<5枚重ねのめくるコットン>というのがあったので、「これなら私でもだいじょうぶかもしれない。」と買ってみました。「始めました。」とブログに書いて三日坊主でも困るかと思ったのですが、それからほとんど毎日続いています。佐伯チズさんのお名前がついた(開発された)コットンは大きいので、目、鼻、口の箇所は穴を開けてパックするわけですが、コレは小さいので部分的に貼るのも5枚に割くのも簡単です。テレビでしていたように水で湿らせてから化粧水を落としています。

このローションパックが続いているのは、ゆうき体操の椅子に座って膝頭で8の字を書くというのが横8の字/逆向きに横8の字/縦に8の字/逆向きに縦8の字と、それも各15回づつもあるので、ローションパックとセットにしちゃったからなのです。良い方の左足もすることになっているのですがその前に3分たっちゃうので、左足はおろそかになっています。

きょう落ち込んじゃったのは秋晴れのあまりに気持ちよいお天気で、足が良かったら愛犬を連れて気持ちよくお散歩出来るのに‥と思ってしまったからでした。浦和郊外にドッグランもあるのだけれど、一人では連れて行けません。退職した夫は毎日のように剣道やら何やらあって、わんこの朝の散歩などはしてくれるけれど、ドッグランまで一緒に連れて行ってはくれません。玄関先に親しくしている友達が現れたときに落ち込んでいると言ったら「どうして?」というので、その話をしたら、「私がもう少し力があれば犬の散歩行ってあげられるのにね。」と言われちゃいました。

そうじゃなくて〜、犬がかわいそうだから散歩に連れ出したいのじゃなくて、<愛犬連れて秋晴れの空のもと気持ち良く一緒に歩きたいのに歩けない>ということが悲しかったのだけれど、それを理解してもらえなかったことで、何だかなおさら悲しくなっちゃったのでした。

| | コメント (8)

2008年9月10日 (水)

お肌の手入れ始めてひと月

お肌の手入れを始めて、何もしていなかった頃と比べて確かに違ってきたことを実感しています。お手入れ始めてひと月になるところです。ちょうど良いタイミングで佐伯チズさんのお肌のお手入れを教育テレビの再放送で見ることができたのも効果を上げていると思います。毎日していたら、手の使い方が上手になってきて<気持ちよい>のです。こうなると「続けなくちゃ」みたいな脅迫観念じゃなしに、毎日朝夕手入れするのが楽しみ。佐伯チズさんが「こんな小さなことでと思うでしょうけれど、肌の状態が良くなると気分が変わって来る」と言うようなことも言われていましたが、「ホントに!」と思います。

図書館から佐伯さんの本も借りて読んでみました。子供の頃から結婚後までもずいぶんとご苦労された方なのですね。ご自分で始められた方式のフェイシャルの看板を出しているところは、自分でちゃんと技術チェックのために二時間半のフェイシャルを受けてみて、それから指導したりするので8時間ぐらいかかるというようなことが書かれていました。銀サロも深圧をひろめるべく講習会のようなものも開いたり後輩を育てて行かれるようですが、そんな風に時々チェックしていかないと、糸の切れたタコみたいになっちゃうと<似て非なる施術>にいつのまにか変わって行ってしまったりしないかしらね〜というようなおしゃべりを先日宮川先生としてきました。フォローは必要というような結論。


教育テレビの放送の最後の方で、肌のくすみを改善するというのに、あごの下、首の脇、鎖骨にそって数カ所、最後に腕の付け根まで自分でするマッサージもありました。それも時々しています。腕の付け根を前後から揉むのは肩こりにも効きそうで気持ち良いです。日焼け止めも「一年中。家の中に居てもつける。」というのでビックリして友達に「ねえ、ねえ、日焼け止めって家に居てもつけた方がいいんですって。」と言ったら「それはそうよ。家具だって畳だって家の中で焼けているじゃない?」今年畳替えしたばかりの我が家の<古い日に焼けたタタミ>と<自分の肌>を重ねあわせて考えて、「あら〜、まだ間に合うかしら〜」と思っちゃいました。

彼女はもう10年も前から一年中日焼け止めはつけているのだそうです。私は日焼け止めというのは、テニスをしていた頃にはつけていたけれど、最近は自転車で外出したりするにもかかわらず、<お化粧品がUV カットなのだから安心>とつけずにきてしまいました。これからは一年中つけていこうと思います。日焼けどめがのびにくくて白くなってしまうのも、私の使い方が下手だったからだとわかったので、使いやすくなったのも嬉しいです。

お肌が正直にお手入れの効果がでるように、股関節のお手入れも続けて行けば、やはり正直に効果があらわれるのだと信じて体操を続けて行こうと思っています。

| | コメント (12)

2008年8月26日 (火)

意識をどこにもっていくかという話

久々に良いほうの左足の太もも前面(大腿四頭筋?)筋肉痛です。筋肉痛なんて久しく体験していなかったので、すっかり忘れていました。高校時代、クラブ活動は試験前になると数日休みになり、試験が終わってクラブ活動再開すると翌日筋肉痛になったものでした。今回のゆうき体操はそんな筋肉痛をおこすような運動は入っていないように思えたので意外。考えられることとしては、健康雑誌の安心でも以前紹介されていた<ケンカ>という足首どうしを重ね合わせて片方は押し上げ片方は押し下げるみたいな体操で、(その体操ばかりではないでしょうが)患足の右足はあまり力が入らないのだけれど良いほうの左足はシッカリ力が入るので筋肉痛をおこしたような気がします。悪くて痛めたというのとは違うので心地よい疲労感みたいな痛みです。

「起きたときにする体操」というのは、すっかり忘れてノコノコ起きてきちゃいます。しばらくしてから「あ、そうだ、体を動かしてから起きるのだった」と思い出します。習慣になるのにはしばらく時間がかかりそうです。

廣橋先生の説のなかで<ながら体操>みたいなことではなく、体操に専念するようにということを挙げていたことを書きました。私流に勝手に「全くしないよりはながらでもしたほうが」ということと「できるだけ意識をそこにもっていく」ということで、ゆうき体操は<ながら>でしてみています。(だって、あまりに量が多いのですもの)

お肌の手入れのことをまた思い出しています。友達から化粧品セットを送っていただいたあと、それらを使ってはいたけれど、一応型どおりみたいの流れ作業みたいなことでした。教育テレビで佐伯チズさんのお手入れの仕方を学んで、化粧水をつけたあと、美容液をつけたあと、手の平で<おでことあご>、<両頬>みたいな感じでジワ~と包み込むようにして「しみこんでね~」みたいに(愛情こめてという感じの口調なのでした)言って聞かせるというようなことは、それこそ<意識>の持っていきかたが大事という印象。型どおり手を当てながらだったとしても、<心ここにあらず>では効果が半減しそうに思ったのでした。それでしたら、股関節の体操も同じことで、回数や時間を守ることも大事だけれど「良くなってね~」みたいに股関節に意識をむけて続けていこうと思った次第。

化粧品を送ってくださった友達が「お肌の手入れもセラピーと思っています。」とメールくださいました。アロマセラピーを始め、何とかセラピーは沢山あるけれど、日常生活の中で、お肌の手入れが気持ちよくできて、自分が気持ちよかったら確かに良いですものね。股関節のお手入れ(?)もお肌のお手入れも、「やらなくっちゃ」じゃなくて工夫して楽しみながら続けていけたらいいなと思います。

| | コメント (6)