股関節のサイト

2009年4月 1日 (水)

きくさんの体操をご紹介“すずらんさん”のブログ

本日の足模様  85   心模様 90

きょうから新年度。新しい年の始まりと同じように<節目の日>という気がいたします。ブログのお引っ越しをきょうでなく4月3日にしたのは、暦の上の<天赦日>という何をするにも良い日だからです。30年以上前に私が浦和に移り住んだのも天赦日でした。以後、車の納車など何かあると天赦日にしています。

きょう心模様が高得点なのは、昨夜、素晴らしいライブを聴いてパワーいただいてきたからです。このブログを始めてから色々な方と出会いました。メール交換を時々しながら情報交換していただいている方も多いですし、直接お会いした方々も、数えてみたらさくらさんに始まって8人にもなるのです。昨夜は、ブログでお知り合いになった方のご子息様とお会いするという始めてのパターン。ドラマーの上村計一郎さん。エネルギッシュなドラミングで素晴らしかったです!この方、実は、なんどかブログでもご紹介させていただいたことがある、股関節症を乗り越えられた“きくさん”のご子息様でいらしゃいます。

<股関節症は怖くない>の2008年8月15日付けけに、「変形の進行は止められる。」ということで、さくらさん(二宮真理子さん)のことを紹介しながら松本先生が書かれたブログがあります。お医者様から手術と言われながら自力でのりこえられた上村明美さんが、その日にコメントを書かれています。ドラマーの上村さんはその上村さんのご子息様。演奏のことを書くと長くなるので、お引っ越し先のブログに書こうと思いますが、パワー全開、熱い炎のようなドラミングを聴きながら、「この方の御母堂様なら股関節症など吹き飛ばしてしまいそう!」と思ったのでした。ドラマー上村計一郎氏のページhttp://www.kit.hi-ho.ne.jp/uemura-k/

「前略、中略‥」みたいになって話が繋がらない人もいるかもしれませんが、その上村さん(ハンドル名/きくさん)の体操を、すずらんさんがご紹介くださっているブログがあるのでリンクさせていただきます。体操は足だけでなく全身くまなくという感じです。きくさんは365日休むこと無くこの体操をなさっておいでと御聞きしています。私は新しい物に飛びついてしまって、こういうコツコツ続けることが欠けていたと思います。継続は力なりと申します。私も見習わなければと思います。きくさんの体操をご紹介くださっている“すずらんさん”も長い年月手術しないで来られた方です。お二人のご了解をいただきましたのでリンクさせていただきます。体操を紹介された“すずらんさん”のブログ

|

2009年3月 7日 (土)

股関節ブログのことなど

本日の(というより今朝の)足模様 90  心模様 80

昨日は旅行疲れもありましたが、今朝の足の調子は元通り。今回の旅行前に温泉病院に行ったおかげです。これまでの私でしたら歩き回って足の具合悪くしていたと思います。飛行場で初めて車椅子をお借りしました。車椅子に抵抗無かったのは先日の山梨の博物館のおかげ。それに<将来もこのままずっと自分の足で歩き続けるための車椅子>と意識が変りました。ご承知のように障害者は優先搭乗させていただけるので、ゆったり席についたり荷物を棚に上げていただいたりできて有り難いです。

行きの羽田では木の杖を貸して下さって金属探知機のあるゲートをくぐりました。(杖つかなくても歩けるのだけれど車椅子借りている手前、杖をお借りして通りました。)帰りの宮崎空港では空港係員が車椅子を押して金属探知機を通り、当然ピーピー探知機はなり、女性の係員からボデイチェックを受けました。「飛行場によって色々なのだなぁ。」と思いました。「人工関節が入っている人は医者の証明書などを持っていた方が良いのだ。」と前回のフランス旅行のときの添乗員さんに教えていただきました。

私の旅行中に、クミコさんがブログを削除なさいました。「消しました。」とご連絡いただいているのに、いつもの<お気に入り>からクリックしてみて「本当に無くなっちゃった‥。」camuiの靴以来姉妹ブログみたいにしてきましたので、寂しくなりました。クミコさんとメールで繋がっていられる私でさえそう思うのですから、ブログの繋がりだけのクミコさんファンはなおさらかもしれません。

私が<最初に出会った股関節ブログ>は右でリンクしてあるアップルサイダーさん。手術後、今は普通の生活に戻られて、お仕事もお忙しそうですし、ご家族も色々大変だったようでブログはあまり更新されていらっしゃいません。手術体験を綴られたホームページはとても充実しています。同じ頃に股関節のことをブログに書かれていた金木犀さんも、今はほとんど股関節のことは書いていらっしゃいません。以前のブログを読み返してみたら、今回私が診ていただいたY先生のところに早々行かれて、私と同じように「二泊三日で温泉病院に来るように。」と勧められていたのでした。

ブログを止められたクミコさん始め、股関節以外のことを書くようになられた方々、<足の状態が良いからこそ>ですから喜ばしい事だと思います。金木犀さんも保存療法で股関節の状態を良くされているので、股関節のこと書かれたページ、リンクしておきますね。金木犀さんはラベンダーブログに(一番最初に)コメントくださったアップルサイダーさんのリンクからアップルサイダーさんのぺージへ飛んでさらに銀サロ(銀座に移る前ですが)のリンク先へ飛び、施術を受けられた方です。今はこちらのブログではコメント欄閉鎖しちゃいましたが、過去にはそういう出会いもあったのだなぁと懐かしく思い出しています。金木犀さんが股関節のことを書かれたページ

私はこのブログで何を伝えたいのかしら‥とあらためて考えてみました。一つは同じ股関節症の人と情報や気持ちを分かち合って共に改善する方向にしていけたらということ。前にご紹介した「身体に聞いて心を整える。」という本で、心臓疾患が少ないある村について研究したら、人々が健康的な生活を送っているのだろうという予想に反して不規則な生活だったり飲酒を始め不健全な暮らしをしていたのだけれど、<人々の繋がりが密だった>ということが紹介されていました。人と人の心が通い合っているってそんなにも身体に影響を及ぼすのですよね。孤独に股関節症に向かい合っているより、周囲に股関節症の人がいなくてもブログを書くことで「ここにも股関節症有り。」と名乗りをあげておきたいと思いました。クミコさんもブログ止めようかどうしようか迷われていたのが、<ここにも一人股関節症だけれど(明るく)頑張っている人がいますよ>みたいな存在があった方が良いのでは‥ということでしたから、ブログを書いている人は同じ思いをお持ちの人が多いのだと思います。思い切り良くブログ削除なさっちゃったのは残念でしたけれど、クミコさんという股関節症が改善した人がいるということは私たち股関節症の者にとっては本当に希望の星。さくらさん、きくさん、クミコさん、‥皆さんそれぞれ乗り越えられているのですものね。

もう一つは、もっと早い時期に色々知識があれば、ここまで悪くしないで済んだのではという気が自分にはあるのです。整形外科では「半年ごとにレントゲン撮って様子見ましょう。」だけの所も多いかと思いますが、きちんとしたリハビリがある所を探されて、あるいはご自分なりの方法を探されて、手をこまねいているうちに進行してしまうことのないようにしていただきたいと切に思います。すべての人が筋肉をほぐすことで良くなるのかどうかは私にもわかりませんが、身の回りの道具を使って<使用後の筋肉のお手入れ>をすることで、かなり進行は遅らせることは可能なのだと思います。冷やさない事も本当に大事で、今年我が家は何年ぶりかで掘りごたつ復活。今おこたでコレを書いています。

|

2008年9月 4日 (木)

手術なさらずに股関節症を克服なさった方のこと

銀サロのブログにさくらさんの股関節のレントゲン写真、以前は無かった隙間(軟骨)が出来ているのが掲載された回に、コメントを書き込まれた上村さんという方がおいでです。(こちらのブログでは“さん”で統一させていただきますね。)さくらさんと同じように、手術せずに、股関節症を克服された方です。銀サロに通われて治されたのではなく、ご自分で骨盤の調整を体操などでなさったりして克服なさったのです。その方がミクシイのメンバーであることを、さくらさんから教えていただき、さくらさんが表敬訪問なさったのを見習って私もミクシイ上で(股関節のことを書かれた日記に)ご挨拶に参りました。

私と同じように「上村さんって、どういう方なのかしら?」と思われている方も多いことと思われますし、ミクシイのその日記をこちらでご紹介させていただきたく思いお願いしましたところ「皆様のお役にたつのでしたら。」とご快諾いただきました。そのコメントを読んで電話をされた方もいるのだそうで、「どうやって電話番号を調べたのかしら?!」と驚くとともに、「やはり、知りたいと思う人は多いのだわ。」と思いました。

私がブログを書いていても試行錯誤中ということで、「治った」と胸を張って言える状態ではないわけですし、こういう私たちにとって痛みや不都合が過去のものとなっている方々の体験談って貴重だと思います。(ということを以前の日記に書きました。)股関節のことだけを書かれているのではなく、小唄を指導なさっておいでの方で、幅広く色々書かれておいでです。http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4546506

自力での骨盤調整のことをお尋ねしましたら、「五味雅吉先生の御本、それに腰痛体操なども。」というお返事をいただきました。それとマイクロ栄養素が良かったように思われるとのことでした。グルコサミン、コンドロイチンなどが入って、うさこさんも以前「良さそう。」とコメントに書いてくださったサプリメントです。


ミクシイのメンバーでないと残念ながら読めません。私もミクシイは知人たちの日記を読むのにメンバーになっているだけで、そちらでは日記を書かずにこのブログをリンクしてあるだけなのです。上村さんもサマースノーさんと同じ福岡の方。メールを差し上げて知ったことに、またビックリするような不思議な繋がりのある方なのでした。股関節症になったことで、ご縁のある方々と次々と繋がって行くような不思議な気がしております。私の人生は股関節症になったことで豊かになっていくようにさえも思われて参ります。

| | コメント (6)

2008年9月 1日 (月)

検索サイトの話

こちらのブログにどこを経由して訪ねて下さるのかアクセス解析を見ることがあると前回書きました。昨日初めて知ったページに、GUIDE MEというのがありました。何と変形性股関節症で883000件もあるのです〜。それでそのトップ10が挙げられていたのをみてビックリ。たまたまだとは思うのですが、銀サロのブログとこのラベンダーブログが仲良く3つずつ、10のうち6つも入っていて、しかも交互に上位4を占めているのです。恐縮しちゃいました。(今見に行ってみたら交互に上位5つになっていたので日替わりランチじゃないけれど、日々変わるようです。)

銀サロブログはその筋の専門家ですからわかりますが(あら「そのスジの」と書いたら、筋肉の筋なので紛らわしい。)他にも股関節症を直されている整体院のようなところが沢山ブログを書いているのにどうして素人の私のブログなのでしょcoldsweats02
(追伸;またまたオッチョコチョイの私の早トチリ。更新された日時順みたいです〜。)

のぞみ会の投稿欄に書き込まれている人たちで、質問なさって誰も回答をしていないような書き込みをみると、ほがらかさんのページでは稲葉先生がお答えなさっていますし、銀サロの別ブログでも佐藤先生が懇切丁寧に回答なさっているので、そちらを紹介したい気になってしまうのですが、特定の
先生を紹介してはのぞみ会の趣旨に反するのかもしれないと思って、それが出来ずにいて、なんだかじれったいです。

銀サロの佐藤先生、宮川先生が書かれている別ブログも右欄でリンクさせていただきました。佐藤先生のブログは図解がわかりやすいですし、宮川先生はアロマとか銀座の美味しいものとか、またちょっと違った角度から書かれています。

私も先日佐藤先生のブログで書かれた内容のことで質問してご丁寧な回答をいただきました。足の屈曲が悪いと足の振り出しが悪くて代償作用として骨盤が上がることがあるようです。私の右の骨盤が上がっているのを改善するのに、右の腰方形筋を柔らかくという風に思っていましたが、屈曲をもう少しよくすることも大事かもしれないと思いました。

可動域の話ですが、「正常歩行には解剖学的肢位から股関節に30度の屈曲と10度の伸展が必要である。」ということが前にもご紹介した<筋骨格系のキネシオロジー>という本にありました。思いのほか正常歩行に可動域は少なくても大丈夫なのだなぁ、30度なら問題ないなぁと自分では思っていたのでしたけれど‥。どうなんでしょうね。また疑問になってきちゃいました〜。(正常の屈曲は125度らしいです。私は90度強ぐらい。)


| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

土方浩美先生・股関節グループのページ

猛暑ですね〜。暑くてバテ気味です。「もうダメ!」と思うのですけれど、仕事でスタジオのご利用者と会うときだけは不思議とシャキッとします。家に戻るとまた、元通りデレ〜ッとなっています。仕事って、そういう意味で有り難いです。暑くてもサマースノーさんから教えていただいた体操だけはちゃんと数も正確に続けています。この調子でいけたらと思っています。

(皆さんはご存知だったかもしれませんが)「脚長差を無くす体操」みたいなことで検索していて、土方浩美先生の掲示板にたどりつきました。どの記事が脚長差を無くすことについて書いてあるのか600ぐらい書き込みがあるので、探せないでいます。あらためて「股関節で悩んでいる人って、ホント多いのだわ〜」と思いました。

股関節症で何度も検索しているのに、どうしてこの土方浩美股関節グループが今まで見つからなかったのかしら。この最初に質問なさっているスージーさんは、あのスージーさん(銀サロのブログにリンクされている)なのかしらと思ったら2001年のことなので別の人なのでした。こちらとは別のさくらさんもいました。600も書き込みがあるとラベンダー(さん)も他にいるのかしら。600も読む気力が今夜はなくて、きょうは寝ようと思います。

| | コメント (8)